芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    #闇

      mixiチェック

    Revival:I (リバイバル アイ)は、日本の女性アイドルグループ。略称はリバアイ。 リーダーには「虹色fanふぁーれ」時代に裁判を経験した言葉乃あや、サブリーダーには同じく裁判を経験したおぎなつみ。旧事務所との係争を支援し日本エンターテイナーライツ協会を立ち上げた、弁護士河西邦剛がプロデュース
    5キロバイト (248 語) - 2019年1月26日 (土) 06:57



    (出典 rei-music.jp)


    動画は「弁護士プロデュース『Revival:I』“奴隷契約”から脱出しデビュー ! 最新ニュース」の映像をUPしました🌸


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/24(木) 16:57:57.37 ID:nrxteeQ19.net


    (出典 image.news.livedoor.com)

    言葉乃あやさん(左)とおぎなつみさん(右)

    4人組のアイドルユニット「Revival:I(リバイバル・アイ)」が27日、東京・秋葉原でお披露目ライブをする。
    そのうちの2人、言葉乃(ことばの)あやさん(23)とおぎなつみさん(22)は、インターネットライブ配信で人気を集めていたグループ「虹色fanふぁーれ」の元メンバーだ。
    「闇から抜け出し、やっとここまできた」。ずっとアイドルを夢見て、実現させたにもかかわらず、以前のグループを続けられなかったのはなぜか。
    小規模なライブハウスや地方で活動する「地下アイドル」が見た〝闇〟とは―。(共同通信=小川美沙、礒部真悠子、平林未彩)

    ▽手取りゼロ、衣装代も自腹

    「友達に『奴隷契約みたい』と言われたが、これが普通だと思っていた」。虹色fanふぁーれ時代をそう振り返る言葉乃さん。
    5年間は辞められず、辞めた後2年間は芸能活動できない契約。
    月給3万8千円からレッスン費が差し引かれ、手取りはゼロ。会員制交流サイト(SNS)の更新や動画の配信など、課される仕事への報酬もない。衣装代もほぼ自費で賄った。

    レッスンではみんなの前で体重計に乗るよう言われ、目標通り減量できないと厳しく叱られた。追い詰められ、3日間ほど何も口にせず、ライブ前に倒れたことも。その際も「プロ意識が足りない」と言われた。

    劣悪な労働環境。改善を求めても事務所は取り合わず、途中からはレッスンもなくなった。言葉乃さんら4人はたまりかねて脱退を申し出た。
    うち1人はその後、女性マネジャーと面談した際、低い声でこう言われたという。「絶対芸能やるなよ。全力でつぶすぞ」。伝え聞いた他の3人もショックを受けた。

    4人は2017年11月、契約解除と賃金支払いを求め東京地裁に提訴。昨年5月に和解した。内容は非公開だが、弁護士は「4人が納得できる結果を得た」と話した。

    ▽有名グループでも…

    「ブラック職場」とも言えそうな状況は「虹色」だけではなさそうだ。

    ある有名グループの20代の女性も「過酷な仕事」と打ち明けた。休みは多くて月1回。
    イベントはほぼ毎日あり、その後にはグッズ販売もあって、帰宅は夜11時すぎ。風呂に数日間入れないこともあるという。

    月給は平均3万円で、イベント会場への交通費も自腹だ。生活費は、アイドルになる以前に勤めていた一般企業でためた貯金を切り崩し、やりくりしている。
    体調を壊して休むには事務所への診断書提出が必要だが、発行手数料を支払えないほどの困窮さ。契約は原則3年で、脱退すると高額な違約金を請求される。

    地下アイドルの知人の中には、リストカットの痕がいくつもある人や鬱になった人もいる。深夜のレッスンなのに、未成年もよく来ているという
    。明らかに異常な状況だが、彼女も「ふつう」と語った。「何がおかしいのか正直、分からない。まひしちゃって」

    事務所と契約した際、無料通信アプリLINE(ライン)やツイッターなどを退会させられ、周囲との接点を断たれた。
    「愚痴が言えるだけでもいいから相談できる環境がほしい」と訴えた。 

    ▽労基署「手の出しようがない」

    彼女らが過酷な環境から抜け出せない要因は、事務所と結ぶ「専属マネジメント契約」にあると指摘されている。

    日本エンターテイナーライツ協会の河西邦剛弁護士によると、契約内容の妥当性を見極めるのは少女には難しく、不利な契約を結ばされる場合がある。
    ノウハウや経験の乏しい中小事務所が増加していることも要因の一つ。ある中小事務所の代表は「明確なルールがないため、どうしたらいいか分からず、運営は手探り」と吐露した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15919833/
    2019年1月24日 16時15分 共同通信


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    こちらもおすすめ!

    【【告白】地下アイドルの ‷恐怖と闇の自腹地獄‴】の続きを読む

      mixiチェック

    NGT48劇場 NGT48(柏木・加藤・中井・山田を除く全メンバー) 2 1月24日 新潟市中央区 北原里英、佐藤杏樹、高倉萌香 3 1月31日 北原里英、山口真帆、大滝友梨亜 4 2月7日 東京都渋谷区渋谷 長谷川玲奈、菅原りこ、中村歩加 5 2月14日 東京都渋谷区原宿 本間日陽、村雲颯香、奈良未遥 6 2月21日
    16キロバイト (496 語) - 2019年1月8日 (火) 05:09



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    加藤美南・山口真帆

    (出典 Youtube)


    動画は「NGT48・加藤美南さん、山口真帆さん」の映像をUPしました🌸


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】NGT48・山口真帆「ファンから襲われ…闇深いマホ」】の続きを読む

      mixiチェック

    泰葉 (やすは、1961年1月17日 - )は、東京都出身のシンガーソングライター、タレント、プロデューサー。血液型A型。初代林家三平の娘。春風亭小朝の元妻。本名:海老名 泰葉(えびな やすは)。 所属事務所は、小澤音楽事務所→レッドバス・エンタープライズ(結婚による芸能界引退まで)→アイアン・キャ
    21キロバイト (2,692 語) - 2018年12月12日 (水) 08:43



    (出典 various-search.com)


    動画は「Yasuha - Fly-day Chinatown (2017.1.12)」の映像をUPしました🌸


    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/14(金) 23:43:16.01 ID:CAP_USER9.net

     泰葉が最初にワイドショーでスポットライトを浴びたのは、もう11年前の2007年のことだ。同年11月に落語家の春風亭小朝と離婚したのだが、その際に元夫に放った「金髪豚野郎」というフレーズは、いまだに古びることなく生き続けている。

     それは、もちろん言った当人・泰葉がいまだに「現在進行形」で世間を騒がせているからである。婚約者のイラン人男性との2度にわたる破局を報告したり、箱根にある高級ホテルの宿泊代100万円を踏み倒そうとしたり。元マネージャーの自宅へ脅迫状と包丁、犬のフンを送りつけて脅迫したとして、書類送検されるなど常に攻撃的な一面が明らみになっている。だが、最近、そんな彼女のメインの活動場所であるブログがどうも妙な方向へ向かいつつあるというのだ。どういうことなのか?

     「今月1日には、尊敬する建築家・隈研吾氏の作品を紹介し、『木に宿り生活するリスの気持ちになりたいな』とつぶやいてみたり、また11日にはフィギュアスケート・紀平梨花選手の凱旋帰国を、『林家のり平さん』という落語家が凱旋帰国したと勘違いしたそうです」(芸能ライター)

     そんなほほえましい報告をしていた泰葉だったが、13日更新分からいきなり雰囲気が激変したのだ。「最悪な私」というタイトルで始まる文章で、「私は最悪 人間じゃない」「自分ばかりを責めています」「ここから抜けたい」など心の叫びをぶつけたことを皮切りに、以降1~2分おきに連続投稿。14日も同じように朝からずっとネガティブな文章を書き殴っている。

     約1年前に開設された「泰葉チャンネル」では、本業である歌が聞けると待ち望み、374人がチャンネル登録した。だがそれもいまだに更新がない。いずれにしても彼女が再びいつもの日常をつづる姿に戻ってくれることを祈りたい。


    芸能ニュース 2018年12月14日 23時00分
    https://npn.co.jp/article/detail/65822625/




    (出典 wonderbridge.net)


    こちらもおすすめ!

    【【不気味】闇・泰葉チャンネル】の続きを読む

      mixiチェック

    芸能人 (げいのうじん)は、芸能を職業とする人。本来「観客の前で芸を披露することをなりわいとする人々」を指す。広義の意味の芸能人は伝統芸能を披露する人々を含む。 芸能人は売れっ子ともなれば知名度も上がり、仕事や収入も増える。結果、ファッション、ライフスタイル(生き方など)、言動などが常に大衆に注目さ
    15キロバイト (1,904 語) - 2018年10月14日 (日) 08:06



    (出典 korean-channel.com)


    動画は「韓国女優人気ランキング!TOP25」の映像をUPしました🌸


    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/11/17(土) 12:36:10.23 ID:CAP_USER9.net

    BTS、TWICEどころじゃない! 韓国芸能界の“闇深い”スキャンダル


    今チヤチヤされていたとしても、明日もその人気が続くとは限らないのが芸能界。
    生存競争が日本より激しいと言われているのが、お隣の韓国だ。

    “原爆Tシャツ”騒動で渦中のBTSや、今度は“慰安婦Tシャツ”の指摘を受けているTWICEなど、
    今まさにK-POPアーティストのニュースは日本においても多く取り上げられる。
    しかし、韓国国内ではこういった炎上とは別の、“闇深い”ニュースがあふれているようだ。

    「『K-POPスター』や『韓国アイドル』などと言われ、響きだけはキラキラしていますが、
    実はその裏では『うつ病』『自殺』『枕営業』など、闇深いスキャンダルが連日のように報道されています」(芸能ライター)

    まず、韓国芸能界の闇として頻繁に聞くのが整形だ。

    日本でも当たり前となり、今やそれほど驚くことでもないが、韓国でのし上がるためには必要不可欠と捉えられている。

    2016年、韓国メディアが「最も美容整形をしている女性ランキング」を発表したことがあったが、
    こうしたことが公になるくらい、彼らにとっては「超常識」なのかもしれない。

    「そのランキングの1位に選ばれたのが歌手で女優のユン・ヒョンスクです。彼女は現在46歳。
    すでにアラフィフの域に達していますが、韓国では30代と言われても分からないくらい若々しいと有名です。

    国内では、彼女が整形したことがニュースになるほど。さらにびっくりするのは、
    手術を手掛けた整形外科医が、どう変わったのかをコメントしていることです」(芸能ライター)

    売れるためにはなんでもやる……。それが歪んだ形で出てきたのが「枕営業」だ。

    日本では都市伝説であるかのように言われてきたが、最近はそれが「実在」していることを、
    元アイドルが勇気を持って告発するようになってきた。だが韓国では、それを「性上納」と呼ぶ。

    ある意味、スターになるために正当化されている風潮すらあるようだ。

    ロッテのCMや、日本でヒットした『花より男子』のリメイクドラマにも出ていた女優チャン・ジャヨンが自殺したのは2009年。
    彼女に枕営業を強要していたのは、所属事務所の元代表だという疑惑が死後、明るみになった。

    疑惑を持たれた元社長は日本に一度逃亡したが、最終的には韓国警察からチャンへの暴行・脅迫容疑で逮捕されるという大事件に発展。
    さらに真相解明を求める国民の声が高まり、再捜査が開始されていた。

    「だがこの枕営業の闇は思ったよりも深く、その裏で動く売春ブローカーの存在が取りざたされています。
    韓国のドキュメンタリー番組が以前、そのブローカーを直撃取材したことがありましたが、
    その生々しい『上納』システムの内情が韓国国内のお茶の間に流れました」(同)

    日本でも連日芸能人の不祥事が伝えられているが、韓国と比べればまだまだ大人しいものなのかもしれない。
    https://npn.co.jp/article/detail/29833665/


    (出典 bunbun38.com)


    こちらもおすすめ!

    【【枕・整形】韓国・芸能人の「闇」が深すぎる…】の続きを読む

    このページのトップヘ