芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    #告白

      mixiチェック

    はるな愛 (はるな あい、1972年7月21日 - )は、日本のニューハーフ・タレント・歌手・俳優・実業家。本名:大西 賢示(おおにし けんじ)。 大阪府出身。サンズエンタテインメント所属。ANGEL.LOVE株式会社代表取締役。 愛媛県宇和島市出身の父と西宇和郡伊方町出身の母の間に生まれる。両親
    38キロバイト (4,785 語) - 2018年12月19日 (水) 04:41



    (出典 news.walkerplus.com)




    動画は「はるな愛 / 夏 凸凹ラブ」の映像をUPしました🌸

    作詞・作曲:広瀬香美


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/23(水) 08:15:29.64 ID:+h0ioYBr9.net

    タレントのはるな愛(46)が22日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演。
    「解決していないトラブル」のテーマに、タレント・クリス松村との仲がこじれていることを告白した。

    「すごい仲良しで昔、1泊2日で行った」という韓国旅行でクリス松村とトラブルになった、はるな。
    旅の最後に焼き肉を食べて帰国する予定だったが、急に韓国のイケメングループのレコーディングに参加することになったという。
    「そっちを選んじゃったら、(クリスが)『焼き肉をあなたと食べられないなんて(韓国に)来た意味ない』ってすごい怒っちゃって。
    イケメンを取ったっていうことだと思うんですよ、絶対に。そのクリスと私のケンカが全然解決しないんです」と吐露した。

    「結構、前の話?」かと問われると、「そうなんです。本当に2人仲良しで…。クリス、今でもなんかギクシャクしてるよ。仲直りしたい。
    私は楽屋で前みたいにしゃべりたいから。お願いします。ごめんなさい」と、カメラに向かって頭を下げ“和解”を懇願した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15910789/
    2019年1月22日 21時41分 スポーツ報知


    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 www.avilla.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【熱意】はるな愛「テレビの ‷電波‴ を利用して『ある人』に和解を懇願」】の続きを読む

      mixiチェック

    尾崎菜々 (おざき なな、1982年9月12日 - )は、日本のタレント、元グラビアアイドルである。旧芸名、尾崎 ナナ。相本 あきこ。通称、おざこ。 0 大阪府出身。アーティストボックス、Fang、リップ、アーティストボックスを経て、エイジアプロモーション所属。夫は俳優・脚本家の平沼紀久。
    15キロバイト (1,746 語) - 2018年11月19日 (月) 12:45



    (出典 i.pinimg.com)


    尾崎ナナ 競泳水着

    (出典 Youtube)


    動画は「尾崎ナナ 競泳水着」の映像をUPしました🌸


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/20(日) 02:37:55.42 ID:uL3Ektk69.net

    肉体美を大胆に披露して、世の男性に甘い時間をプレゼントしてくれるグラビアアイドルたちだが、彼女たちの現実はそれほど甘くないようだ。

    尾崎ナナは、16年12月4日に放送された『あるある議事堂』(テレビ朝日系)で、自分自身の体験談に基づいて
    「仕事が多いアラサーグラドルは枕営業をしている」と主張した。
    20代前半よりも業界のルールが分かっているアラサーに「分かるだろう?」といった雰囲気で声がかかるというのだ。
    さらに、レギュラーの座と引き換えに誘ってくる番組プロデューサーがいると明かすと、一緒に出演していた手島優が
    「絶対、同じ人考えてる!」とし、2人で答え合わせすると完全に一致。
    番組MC陣が困惑していると、「グラビア界では有名です」と説明した上で、誘いを受けて交際したり、レギュラー番組をゲットしたグラドルもいると暴露した。
    尾崎は誘いを断ったとのこと。

    2018年10月に結婚した杉原杏璃は、15年2月に出演したバラエティ番組で、”芸能人派遣サービス店”の実在を激白。
    一部のグラドルが派遣サービス店に勤務し、「一晩200万円」で口の固い富裕層に性的サービスをしていると明かした。
    同年6月にグラドルを主人公にした生々しい官能小説を出版した直後に日刊ゲンダイのインタビューにも応じており、
    枕営業について聞かれると「話は聞いたことがある」と答えたが、同時に「それで“上”に行った人は聞いたことがない。
    もし、上がったとしても短いんだろうなと思います」と達観した。

    しかし、グラビア女子会では「業界関係者からのお誘いメールで盛り上がる」とも語っており、
    自分自身も「冗談か真剣か、業界の方からお誘いはある」としたが、デビューから数年後には「私が結婚逃したら相手してください」などと、軽くかわす術を身につけていたようだ。

    伊藤れいこは、13年8月4日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)に「自身のブログを、業界人だけに向けたアピールの場として活用していることを反省しにやって参りました」として登場した。
    しかし、MCの有吉弘行が、そのブログについて「ファンの人が読んだら、何かちょっと枕営業の匂いするな、みたいな……」と指摘すると、
    伊藤は「枕営業してるアイドルとかいっぱいいますけど、私はしてないですし!」と切り返した。
    しかし、有吉に「プロデューサーとかが『この前ブログに書いてくれてありがとう。今度ご飯でも』って言ったら行く?」と聞かれると、
    「それはー…マネージャーさんに相談します」と苦笑いで返答。ゲストのバカリズムが「有吉さん、彼女やってるね」
    「一度や二度じゃないよ」とツッコむと、再び慌てた様子で否定しつつ、「周りはやってたりする…」とつぶやき、
    放送翌日のブログでも「放送を見て、捉え方は人それぞれ違うとは思いますが、意外と地味に地道にオーディション受けてコツコツ頑張ってますよ!」と念を入れて枕営業を否定した。



    http://dailynewsonline.jp/article/1646846/?page=2
    2019.01.10 18:00 日刊大衆


    (出典 im5-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    (出典 im1-a.mbokimg.dena.ne.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【驚愕】アラサーグラドルは「枕営業」しています】の続きを読む

      mixiチェック

    石原さとみ (いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホ
    65キロバイト (7,835 語) - 2019年1月2日 (水) 13:51



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    動画は「石原さとみ、今年は三浦大輔投手の2段投法始球式/サントリードリームマッチ2018」の映像をUPしました🌸


    1 湛然 ★ :2019/01/03(木) 05:04:04.58 ID:CAP_USER9.net

    2019.01.02 18:53
    石原さとみ「誰からも求められてない、必要とされてない」“20代での挫折と苦悩”を告白 転機を語る

    女優の石原さとみが2日放送の関西テレビ・フジテレビ系トークバラエティ番組『新春大売り出し!さんまのまんま』(午後15時45分~)に出演。20代半ばでの挫折と苦悩を告白し、雑誌「anan」の表紙が決まった際には喜びのあまり泣いてしまったことを明かした。

    ◆石原さとみ、20代での挫折 転機を語る

    2002年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞、15歳で芸能界入りした石原も現在は32歳。結婚についても「27、8歳くらいでピークが来まして」と周囲がどんどん結婚していく時期には意識したというもの「今は全く」で結婚願望が吹き飛ぶほど「仕事が楽しい」とにっこり。

    しかしそんな石原も、「10代の時は好奇心だけで楽しくてしかたなくて」とデビューして数年は楽しく仕事ができていたものの、「20才になってからは責任を含めてちょっと挫折もあった」と告白。当時仕事が減ったこともあり、20才から数年は「誰からも求められてない、必要とされてない」と感じるほど挫折を感じる日々を過ごしていたのだという。その後久々の休養として、1ヶ月NYで過ごす時間を得た石原。「1ヶ月間NYで遊び倒した」ことがリフレッシュになっただけでなく、女優としての石原でなくても友達が作れたことや「何が楽しくて何が好きなのか」「どういう人が好きとかどういう考え方が好きとか」と、日本を離れて初めてひとりの女性としての自身を再確認できたのだと明かした。

    ◆雑誌「anan」表紙や、化粧品のCM出演で「泣きました」

    同時に、それまでスタイリストやメイクアップアーティストなど、プロフェッショナルに囲まれていたゆえに「自分で選ぶことがなかった」ファッションやメイクへの興味もわき「そこから初めてメイクのこととかファッションのこととか勉強した」という石原。「好きで夢中で楽しくてしかたがなくて」とメイクなど自身の興味のある事柄を積極的に学ぶようになった結果、ドラマ出演やファッション誌のカバーの仕事が「どんどん進んでいった」のだそう。

    特に雑誌「anan」の表紙が決まったときには「泣きました」というほど嬉しかったと告白し、「化粧品のCMが決まった時も嬉しくてしかたなくて」と当時の喜びを回想。石原は挫折のあと再び楽しんで仕事ができるようになったことを「すっごく嬉しかった」としみじみと笑顔で語り、NYでの1ヶ月の休養のあとの女優人生を「好きなことだけで私の周り固めようと思って、そこからはすごく楽しいです、人生」と言葉にした。(modelpress編集部)


    石原さとみ(画像提供:関西テレビ)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    https://mdpr.jp/news/detail/1813889


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト

    こちらもおすすめ!

    【【告白】石原さとみ「NYにいって再認識できた…」】の続きを読む

      mixiチェック

    矢口真里 (やぐち まり、1983年1月20日 - )は、日本の歌手、タレント。元ハロー!プロジェクトメンバーで、元モーニング娘。の2期メンバー。モーニング娘。の3代目リーダーとミニモニ。の初代リーダーも務めた。タンポポの元メンバー。 神奈川県出身。血液型A型。身長144.8 cm。アップフロントクリエイト所属。
    43キロバイト (5,233 語) - 2018年12月15日 (土) 11:03



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    動画は「モー娘。スキャンダル雑誌BUBKA」当時の話」の映像をUPしました🌸


    1 ストラト ★ :2018/12/18(火) 10:48:04.05 ID:CAP_USER9.net

    タレントの矢口真里(35)が16日放送の関西テレビ「お笑いワイドショーマルコポロリ!」(後1・59)に出演。
    「モーニング娘。」メンバーだった当時の裏話を語った。

    番組では「平成歳の後の芸能ニュース総まくりSP」と題し、今年起きた出来事を振り返った。
    明るみに出たスポーツ界のパワハラ問題について、矢口は「今思えばアイドル界もパワハラだらけだった」と苦笑い。
    「私たちは厳しい愛情だと思っていたんですが、レコーディングで歌えないと罵声ですね。つんく♂さんではないプロデューサーさんがいるんですけど、めちゃくちゃ怖い。『歌やめろ』とか『下手くそ』って女子がびびるような感じで言ってくる」と告白した。

    また「マネジャーさんが絶対の縦社会だった」といい、「歌番組でトークの部分があるじゃないですか。(収録語に)2時間のダメ出しが必ずあるんですよ。一列に並ばされて、『順番に今日ダメだったところを言っていけ』。私はその当時、キャラがなくて一言も喋れないこともあって、『すみません、一言も喋れなかったです』って言ったら『だよな!』って」と明かした。

    リーダーだった中澤裕子(45)についても「裕ちゃんはパワハラですね」と笑いながら激白。
    続けて「無言のパワハラみたいなのあるじゃないですか。たとえば、車の席があって、一番前は中澤姉さんなんですよ。でも、新人は分からずに、後ろの方が先輩かなってそこに座ってしまうんです。(中澤が来ると)どくまで無言で何十秒間見つめられる」「裕ちゃんがただただバナナ嫌いで、だから廊下でバナナ食べていました。匂い消してから楽屋入って…」とエピソードを次々と明かし、共演者を驚かせていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000076-spnannex-ent

    元モーニング娘。 矢口真里


    (出典 xn--2015-u53c4jh1513dca5n4767c4le.com)


    こちらもおすすめ!

    【【驚愕】矢口真里「当時のリーダーは ‷ヤンチャな‴ パネ姉さん」】の続きを読む

      mixiチェック

    佐村河内守 (さむらごうち まもる、1963年9月21日 - )は、広島県出身の人物。 中途失聴とされる聴覚障害がありながら『鬼武者』のゲーム音楽や「交響曲第1番《HIROSHIMA》」などを作曲した音楽家として脚光を浴びたが、2014年2月5日、自作としていた曲がゴーストライターの代作によるものと
    111キロバイト (15,149 語) - 2018年11月25日 (日) 11:27



    (出典 yuruneto.com)


    動画は「【佐村河内守会見】記者『まだ手話が終わってませんよ』」の映像をUPしました🌸


    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/12/10(月) 07:21:49.82 ID:CAP_USER9.net

    芸能週刊新潮 2018年12月13日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/12051659/?all=1

    (出典 www.dailyshincho.jp)

    佐村河内守氏

     2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。

    「ずっと家にこもっていました。民放をつければ僕が映っている。ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」
    と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

    「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

     そして、強調するのだ。
    「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

     そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

     好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。12月6日発売の週刊新潮で、佐村河内氏へのインタビューを掲載している。


    こちらもおすすめ!

    【【告白】ペテン師・佐村河内氏「TV出演拒否!」】の続きを読む

    このページのトップヘ