芸能さくらch

🌸芸能さくらchは、2ch、Twitterで話題なスレや芸能(アイドル関連)など旬なネタ毎日随時更新中です🌸
🌻スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリがあるので、お気に入りの記事を探してみてね🌻
🌸画像、動画もいっぱいありますよ🌻

    タグ:#ドラマ

      mixiチェック
    https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-181104-1834.html

    https://ja.wikipedia.org/wiki/柏木由紀






    久しぶりの主演ドラマ期待しております🌸



    【【朗報】柏木由紀、ラストチャンス「期待高まる」】の続きを読む

      mixiチェック


    (出典 i.ytimg.com)



    1 ひかり ★ :2018/11/01(木) 10:17:52.52 ID:CAP_USER9.net

    10月31日に放送された日本テレビ系連続ドラマ「獣になれない私たち」(水曜、午後23時15分)の第4話視聴率が6・7%(関東地区)だったことが1日、
    ビデオリサーチの調べで分かった。

    第1話視聴率は11・5%、第2話は8・5%、第3話は8・1%だった。

    同作は、新垣結衣(30)演じる、誰からも愛される女性だが、身も心もすり減らしている深海晶と、松田龍平(35)演じる、一見人当たりがよく女にもモテるが、
    実は毒舌男の根元恒星が、赤の他人だからこそ本音でぶつかり合う中で、傷つきながら自分らしく踏み出す姿を描くドラマだ。

    晶の恋人、花井京谷を田中圭(34)、京谷の母、千春を田中美佐子(58)、恒星の元恋人、橘呉羽を菊地凛子(37)、2人がいきつけのクラフトビールバー「5tap」のマスター、
    タクラマカン斎藤を松尾貴史(58)、晶が務めるEC制作会社の社長、九十九剣児を山内圭哉(46)が演じている。京谷の家に居座る元カノ長門朱里を黒木華が演じる。

    第4話は、5tapに集まった恒星、呉羽が見守る中、晶と京谷は一向に解決しない元カノ、朱里の問題で口論となる。

    京谷を店に残して帰った晶はスマホに「今日はごめん」のメッセージを送るが、既読にならない。

    一方、京谷は会社の部下に昨日とシャツとネクタイが変わっていないことを指摘されはぐらかすが、スマホがないことに気付く。

    翌日、5tapに寄った晶は、京谷がなくしたスマホをタクシーで京谷と一緒に帰った呉羽が持っていることを知る。京谷のスマホを取りに行く晶に、嫌な予感を感じる恒星。

    呉羽から京谷と昨夜に起きた衝撃の事実を聞かされた晶はパニックに陥り、恒星の事務所を訪ねる。「さすがに、そこまで呉羽も野獣じゃない」。そう言い張った恒星は
    呉羽を訪ねるが、旦那の会社の会計士を依頼される。

    呉羽から携帯を受け取ったことを京谷に明かす晶。「呉羽さんは何も言わなかった」。京谷の言い訳を聞かず、部屋を飛び出した晶は恒星と5tapの前でばったり会う。
    痛飲する晶は「ばかになります?」と恒星を誘う、という内容だった。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00378728-nksports-ent


    (出典 i.ytimg.com)


    【#新垣結衣 「これから取り戻しますよ♡」】の続きを読む

      mixiチェック

    日本テレビ放送網 (にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者である。1953年8月28日に日本国内で初めての民間放送テレビ局として開局した。
    138キロバイト (19,102 語) - 2018年10月29日 (月) 10:42



    (出典 prtimes.jp)


    動画は「元乃木坂46 市來玲奈 日テレ女子アナ内定で番組途中降板」のビックリ映像をUPしました🌸

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/31(水) 05:15:09.06 ID:CAP_USER9.net

    テレビ朝日の10月の全日帯(午前6時?深夜0時)の月間視聴率が7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、単独1位となったことを、各メディアが報じている。

    報道をまとめると、全日帯2位は日本テレビの7・6%。
    同局はゴールデン帯(午後7時?午後10時)プライム帯(午後7時?午後11時)と合わせ、先月まで58か月連続で「月間3冠王」を続けていたが、記録がストップした。

    テレ朝は10月スタートの新ドラマが好調。「相棒 season17」の第1話は17・1%、「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」の第2話が18・1%を記録。
    バラエティーも新番組「ポツンと一軒家」の初回視聴率が14・0%を記録。
    さらには、1日からリニューアルスタートした「報道ステーション」も第1週の平均11・0%と好スタート。
    朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」が10月第1週の平均が8・9%、第2週も9・4%で、いずれも同時間帯トップとなっていたというのだ。

    「日テレは10月期の新ドラマで、新垣結衣と松田龍平W主演『獣になれない私たち』をスタートさせた。
    新垣といえば、16年10月期の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が社会現象になり、ドラマ賞を総なめにするなど大ヒット。
    それを見込んで起用したが、すでに旬が過ぎていたのか、第2話から視聴率が1ケタに転落し回復の兆しがない」(テレビ局関係者)

    新垣のドラマの不振に加え、元NHKでフリーの有働由美子アナを鳴り物入りで起用した「NEWS ZERO」は視聴率が乱高下し安定せず。
    すっかり日テレ上層部のアテが外れてしまったようだ。

    「テレ朝は、全日帯の首位は開局以来獲得したことがなく、来年(前身の日本教育テレビ時代から)開局60周年イヤーを迎えるだけに、金を惜しまず何としてでも年間3冠王獲得を狙うはず」(同)

    日テレが3冠を死守するのは厳しそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1553555/
    2018.10.30 22:00 リアルライブ


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【悲報】 #日テレ 大ピンチ。】の続きを読む

      mixiチェック

    【注目】 #ムロツヨシ なぜ「モテモテ役」が多い?


    『大恋愛』で注目ムロツヨシ なぜ美女の相手役に選ばれる? 『大恋愛』で注目ムロツヨシ なぜ美女の相手役に選ばれる?
    戸田恵梨香(30才)主演、その恋人役をムロツヨシ(42才)が演じるドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が好調だ。平均視聴率は第1話10.4%、第2話10…
    (出典:エンタメ総合(NEWS ポストセブン))


    ムロツヨシ (本名非公開、1976年1月23日 - )は、日本の俳優、コメディアン(喜劇役者)。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。ASH&Dコーポレーション所属。 4歳のときに両親が離婚、親権は父になったが父は別の女性と親密になったため、5歳上の姉と共に親戚のもとで育つ。横浜市立神大寺小学
    55キロバイト (6,967 語) - 2018年10月20日 (土) 04:14



    (出典 www.lmaga.jp)


    動画は「戸田恵梨香さんのラブラブインスタ?」映像をUPしました🌸

    【【注目】 #ムロツヨシ なぜ「モテモテ役」が多い?】の続きを読む

      mixiチェック

    大河ドラマ (たいがドラマ)は、1963年(昭和38年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ。略称は大河。 1984年から1986年にかけて放送されたNHK新大型時代劇と2009年から2011年にかけて放送されたスペシャルドラマ『坂の上の雲』についてもこの項で述べる。
    55キロバイト (6,022 語) - 2018年9月26日 (水) 03:58



    (出典 cpimages.s3.amazonaws.com)


    動画は、2013年7月3日「アキュビューPR映像をUPしました🌸
    少し"ふてくされ“状態ではありますが…(^^ゞ

    1 Egg ★ :2018/10/21(日) 21:04:33.58 ID:CAP_USER9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    来年NHKの大河ドラマに出演する女優・橋本愛さん。今回、主演する映画『ここは退屈迎えに来て』は地方都市の閉塞感や東京への憧憬、元カレへの執着、互いを値踏みするかのような友人関係…。どんな女子にも心当たりがありそうなリアルな感情を描いた話題作。

    映画『ここは退屈迎えに来て』主演の橋本愛さんは、山内マリコさんの原作を17歳前後で読んでおり、好きな作品に関われることに感動を覚えたそう。

    「脚本が出来上がる前から、この映画では『原作者の想いを最優先に』と思っていました。山内さんがゼロら創造したこの小説を、映画が“利用”してはいけないなって」

    橋本さんが演じる“私”は、マスコミ業界での活躍を夢見て上京したけれど、今は地元に戻りタウン誌で書いている27歳のフリーライター。

    「東京に憧れていた“私”と自分は正反対。今は違いますが、私はもともと東京が大嫌いだったんです。初めて新宿に行った時、ビルが全部同じに見えて迷っちゃって…。桜を見ても『地元のとは違う』と怒ってました(笑)。東京の桜は、一枚フィルターがかかったような色に見えるんです。でも、私が地元の熊本に帰りたくてしかたなかった気持ちと、“私”の東京への渇望は、方向こそ真逆でも、強度は同じ。“私”を演じる時にとても役立ちました」

    こんなはずじゃなかったとモヤモヤしている“私”にとって、唯一の心の拠り所になっているのは、煌めいていた高校時代。その描写にも自身の経験が活きた。

    「あの時代のキラキラした瞬間が、いつまでも心に輝きをもたらしてくれることは、実感として知っています。私は、この仕事を早くから始めたので、学生生活の一日一日を目一杯楽しんでいました。友達と夜に花火をしたり、母校に行ってサッカーをしたり、当たり前のような時間がすごく尊かったんです」

    “私”が抱える鬱々とした気持ちは、橋本さん自身にもあった。

    「物足りなさをなんとか埋めなきゃとあがく彼女の苦しさは、理解できます。私も、常にそれが原動力になっていますし。だけど、その過程で、幸せと苦しみのバランスは総合的には1:1で、“待てば必ず、幸せが来る”という方程式のようなものが私の中でできたんです。それでも、意外と苦しい時間が長くて、『まだ来ないの?』ってこともあるんですけど(笑)。絶対に来ることに対しては自信があります」

    つづく

    10/21(日) 19:30配信 anan
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00010001-ananweb-ent


    【「愛」ちゃん、お久しぶり~。来年の「大河」に出演するんだよね?】の続きを読む

    このページのトップヘ