芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    病気

      mixiチェック

    「休みのもんた」(『おはスタ』) やまだひさし 「上みのもんた」(『やまだひさしラジアンリミテッドDX) ホリ(数々番組で披露。本人公認) 「蚤もんたん」(漫画『元祖!浦安鉄筋家族キャラ) 「のも民夫」(漫画『アクメツキャラ)
    51キロバイト (6,946 語) - 2019年6月6日 (木) 02:49



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    司会やキャスターなどで長年にわたって活躍している大物タレント・みのもんたの様子がおかしい。

    みのといえば、その芸風から多くのアンチを抱えているものの、『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)、『学校へ行こう!』(同系)、
    『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)など、名だたる人気番組の司会を務めてきた大御所。
    しかし、現在のレギュラー番組は『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)とインターネット配信の『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)のみで、若い世代からは「みのもんたって誰?」と言われてしまうことも多くなっている。

    また、唯一の地上波レギュラーである「ケンミンSHOW」も、ここ数年は視聴者から〝置物状態〟と称されるほど存在感のなさが顕著に。
    以前は独特ながらも明るいキャラクターで番組を盛り上げていたが、最近では腕組みをしながら上の空になったり、ゲストのコメントに返答せず笑みを浮かべるだけだったりと、集中力が落ちているように思える場面が多々見られている。

    ?

    さすがのみのも寄る年波には勝てず…
    最新6月13日の放送でも、番組進行のほとんどは共同MCの久本雅美が担い、みのはトークを見守るだけでほとんど言葉を発さず…。
    MC席やひな壇前で時折動いたかと思えば、かなりのスロー動作で、加齢による衰えを感じさせる場面が目立っていた。

    顔つきも以前より随分と痩せ細ったように見え、もはや往年の名司会者の貫禄はきれいに消え去ってしまった印象。ネット上にも、

    《みのさん、ほとんど話さないし、表情は浮かないし、大丈夫?》
    《ヨボヨボやんけ…》
    《みのもんたこんなに細かったか!? 高齢者の痩せた姿は心配だな》
    《久しぶりにみのもんた見たらライトセーバー使えんヨーダみたいになってるやん》
    《みのもんためっちゃ痩せたな》
    《一時代の終わりを感じる》

    などとの声が多く、視聴者も心配を隠しきれないようだ。

    「さまざまな番組で活躍してきたみのも今年の8月で75歳。年齢的には〝後期高齢者〟に入るわけですから、番組さばきが鈍ったと感じるのも無理はありませんよぼ。
    また、2012年には最愛の妻に先立たれ、翌年には次男の逮捕で父親として猛バッシングに遭うなど、心労が重なったのも劣化を早めた要因でしょう。
    1人寂しく暮らしている上、レギュラーの減少で仕事に打ち込むこともできず、刺激がない毎日を送っていればボーッとしやすくもなりますよ」(芸能記者)

    一時代を築いたタレントの終盤にしては、あまりにも寂しいと言わざるを得ない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1883023/
    2019.06.19 17:30 まいじつ


    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)



    (出典 wakaikoro.com)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】みのもんた、痴呆症⁉︎】の続きを読む

      mixiチェック

    猪狩ともか(いがり ともか、1991年12月9日 - )は日本のアイドル。仮面女子及びスチームガールズのメンバー。メンバーカラーは黄色。埼玉県出身。アリスプロジェクト所属。 2014年5月からアリスプロジェクト所属、スライムガールズのメンバーとして芸能活動開始。
    25キロバイト (3,463 語) - 2019年6月14日 (金) 11:15



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    事故で脊髄を損傷し、車いすで活動している地下アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(27)が、背骨を固定しているボルトの除去手術が無事に終了したことを報告した。

    猪狩は手術のため12日に入院。13日にツイッターで「問題なく手術終わりました!!」と報告した。

    ベッドに横たわりピースサインをした写真もアップ。「1年間背骨を固定してくれていたボルトに感謝 少し傷口が痛むけど数日間の我慢だっ」とツイートした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16613675/
    2019年6月13日 18時14分 日刊スポーツ


    (出典 thetv.jp)


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 cdn.images-dot.com)


    こちらもおすすめ!

    【【安堵】仮面女子・猪狩ともか、ボルト除去手術成功!】の続きを読む

      mixiチェック

    生稲晃子(いくいな あきこ、1968年4月28日 - )は、日本の女優。歌手。本名・佐山晃子(さやまあきこ[要出典]、旧姓:生稲)。 所属事務所はプロダクション尾木。 女性アイドルグループおニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は40番。 東京都小金井市[要出典]出身。小金井フットボールクラブに
    36キロバイト (5,156 語) - 2019年5月23日 (木) 06:09



    (出典 www.kayopops.jp)



    1 ニライカナイφ ★

    ◆ 生稲晃子さん 乳がん再発繰り返し全摘へ 右胸にそっと触れ、「ありがとう、さようなら」と…

     1986年、アイドルグループ「おニャン子クラブ」に入り、芸能活動を始めた。グループ解散後は、女優や歌手としてテレビや舞台などで活躍。結婚して長女を出産し、仕事と育児に追われる日々を送っている。

     がん検診は毎年のように受けていたが、2010年は忙しさから予約を入れ忘れた。知り合いの医師に勧められ、11年1月、人間ドックを受けた。

     すると、「再検査」の通知が届いた。精密検査を受けると、右胸に小さながんが見つかった。医師から告知を受けたときは、「ドラマのワンシーンを撮影しているような感じでした」。自分のこととは思えず、涙も出なかった。

     当時、テレビ朝日の街歩き番組「ちい散歩」に出演していた。「がんの公表は、健康番組のイメージに合わない」。そう考えて公表しないことにした。

     5歳だった娘には言うべきかどうか悩んだ。「この子なら理解してくれる」。直感的に思い、自宅のソファで話をした。

     「ママのおっぱいの中に悪いものがあって、取らないとママは死んでしまうかもしれないんだよ」

     娘は「ママが入院するのは嫌だ。死ぬのは嫌だ」と泣いた。だが、後になって話しておいてよかったなと実感した。「ちゃんと理解をして成長してくれていると思うことが、何度かありました」

     2011年3月に見つかった右胸のがんは小さかった。5月、がんを切除する手術を受けた。

     当時、テレビ朝日の街歩き番組「ちい散歩」に出演していた。がんのことは公表せず、手術を受けて退院した翌々日には、普段と変わらぬ元気な姿で収録に臨んだ。

     「せっかくレギュラーで起用してくださっている。外見に変化があるわけでもなく、今まで通り、やれるところまでやってみようと思いました」

     この年の7月には放射線治療も始まった。暑い中、1か月以上にわたり病院に通うのはつらかった。しかし、仕事に行くと、気持ちを切り替えられた。

     「病気になると、孤独感や疎外感を持ってしまいがちです。仕事場でも家庭でも、自分の言葉や働きを待っていてくれる人がいて、必要とされていると思う気持ちが、病気に打ち勝つ薬になるのかなと思います」

     仕事を続けていたからこそ、治療も頑張れた。

     放射線治療が終わると、ホルモン治療を開始し、薬を飲み始めた。だが、12年、再び右胸にがんが見つかった。

     「がんを取り、放射線も当てていたのに……」。体の中にあるがんのしつこさを知り、最初に告知を受けたときよりも気持ちが沈んだ。9月に再び、がんを切除する手術を受けることになった。

     2012年9月、右胸にがんが再発していると告知され、すぐに切除する手術を受けた。ホルモン治療を続けたが、13年秋、三度(みたび)、がんが見つかった。

     再発を繰り返し、「命のことも考えていかなければいけない状況にある」と感じた。主治医は右の乳房を全摘し、同時に再建する手術を提案した。

     45年間、苦楽を共にしてきた体の一部を、自分が生きるために取り去らなければならない。右胸に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになり、主治医の前で初めて泣いた。だが、「娘のために責任を持って生きていかなければ。死ぬわけにはいかない。ずっとそばにいてあげたい」。すぐに決断した。

     全摘手術を12月末に行うことが決まると、娘が銭湯に行きたがっていたことを思い出した。

     「右胸がなくなったら、人前で裸になる勇気は持てないかもしれない」。手術の5日ほど前、手をつないで銭湯に出かけた。娘は広い風呂に入れてうれしそうで、その様子を見ているだけで楽しかった。「時間が止まってほしいという思いでした。楽しくもあり、悲しくもある思い出です」

     手術前日に入院した。その日の夜、病室で一人、鏡に向かい、右胸にそっと触れた。

     「ありがとう、さようなら」――。そう言って、別れを告げた。

     2013年12月、右胸を全摘し、同時に再建する手術を受けた。後で人工乳房を挿入するため、胸の皮膚を伸ばす器具を入れた。

     ところが、11年に行った放射線治療によって皮膚がダメージを受け、伸びにくくなっていた。手術を受けてからしばらくは寝ても起きても、ズーンという鈍い痛みが続き、再建手術を受けたことを後悔したほどだった。

    ※続きは下記のソースでご覧ください 

    2019/6/16(日) 7:10 読売新聞(ヨミドクター)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010000-yomidr-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【がん】生稲晃子さん、今までありがとう、さようなら…】の続きを読む

      mixiチェック

    SHEILA(シェイラ、1973年1月16日 - )は、ファッションモデル・タレント・スポーツキャスター・女優。所属事務所はホリプロ。キューバ出身。父親が日本人(鹿児島県枕崎市出身)で母親がキューバ人。弟はZyo(ジョー)である。身長164cm、血液型はO型で左利き。
    10キロバイト (1,248 語) - 2019年6月14日 (金) 03:58



    (出典 www.horipro.co.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★

    2019-06-14 12:14
     タレントのSHEILA(46)が、先月31日にくも膜下出血で緊急手術を受けたことを所属事務所のホリプロが発表した。

     SHEILAは同日の昼頃の食事中に体調を崩し、都内病院に緊急搬送され、くも膜下出血と診断されたため緊急手術を行った。幸いにも搬送・手術までが速やかに行われ、術後の経過も良好で意識もあり、コミュニケーションも取れていることから、現在は回復に向けてリハビリを開始している。

     今後はしばらく療養に専念し、体調と相談しながら仕事に復帰予定。事務所は「応援してくださっている皆様、ならびに関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、今後ともSHEILAを何卒よろしくお願い申し上げます」と書面でコメントした。

     SHEILAは、日本人の父とキューバ人の母を持つハーフで、OL経験を経てタレントに転身し、モデルやスポーツキャスターとして活躍。2009年12月にキューバへ里帰りした際に、11年の交際を実らせ、不動産会社を経営する一般男性と結婚。2人の子供に恵まれた。
    https://www.oricon.co.jp/news/2137659/full/
    (最終更新:2019-06-14 12:22)


    (出典 www.ana.co.jp)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【衝撃】SHEILA、くも膜下出血で緊急手術】の続きを読む

      mixiチェック

    ハイヒール (お笑い) (highheel_momoko) - Instagram 萩屋・本場所 朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」 この記事は以下のカテゴリでも参照できます ハイヒールモモコに関するカテゴリ: 1964年生 お笑い芸人 日本の司会者 吉本興業 大阪市出身の人物 存命人物 ハイヒールリンゴに関するカテゴリ:
    26キロバイト (3,633 語) - 2019年5月24日 (金) 01:39



    (出典 staticx.antenna.jp)



    1 ニライカナイφ ★

    ◆ ハイヒール・モモコが真剣に“引退”を考えたメニエール病の実態に迫る

    6月13日(木)の「直撃!シンソウ坂上」(夜9:00-9:54、フジテレビ系)では、ハイヒール・モモコを襲ったメニエール病&帯状疱疹(ほうしん)、キャシー中島を襲ったヘバーデン結節の実態に迫る。

    過去に八代亜紀、増田惠子、相田翔子など多くの芸能人が発症したことでニュースになったメニエール病。耳鳴りやめまい、激しい嘔吐(おうと)に襲われるのが特徴的な病だ。この病に30年以上も悩まされ続けたモモコは、有効な治療法が確立されていなかったため、症状が出たら点滴や薬で和らげるという対症療法を7年ほど繰り返しながら病と向き合ったという。

    一度は治まったかに思えたが、モモコが38歳の時に再発。子供を車に乗せた運転中に突然めまいに襲われ、慌てて急ブレーキを踏んだことによって、子供に頭を縫うほどのケガをさせてしまう。

    そして、漫才の本番中にもめまいに襲われるようになり、モモコは真剣に引退を考える。さらに、モモコは2018年10月には帯状疱疹を発症。顔面を発疹が覆い、激しい痛みを引き起こす帯状疱疹の恐ろしさを味わった。その驚きの発症原因と対処法を、番組で解説していく。

    ■ キャシー中島の夫が取った行動とは?

    手の指の第一関節に“結節”と呼ばれるコブができ、人によっては指の痛みが長期間にわたって続き、最悪のケースでは指先が不自然に変形したまま全く動かなくなってしまう関節症・ヘバーデン結節。そんな奇病に襲われたキャシー中島は、1969年にモデルとして芸能界デビュー。近年では日本におけるハワイアンキルトの第一人者として活躍する。

    中島は病院に行かず痛みを放置したため、違う指へ痛みが広がってしまい、右手は包丁も握れず、握手もできないほどに症状が悪化していた。そして、最初に痛みを感じてからおよそ2年後、ついに痛みが右手だけではなく左手にまで及んでしまう。

    そんな彼女を救ったのは、家族の支えだった。ほとんどの指に痛みを抱えた時に、彼女の夫で俳優の勝野洋が取った行動、そして医学的見地からヘバーデン結節を発症する原因に迫る。さらには専門医の間で認められつつある対処法も番組で探っていく。

    2019/6/13(木) 7:00 ザテレビジョン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190613-00193379-the_tv-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 news.mynavi.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】ハイヒール・モモコが引退を考えた理由とは…】の続きを読む

    このページのトップヘ