芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    病気

      mixiチェック

    小柳ルミ子(こやなぎ ルミこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。70年代アイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身。血液型はA型。愛称:ルミちゃん。 プラチナムプロダクション所属。 筑紫女学園中学校卒業後、宝塚音楽学校に入学。以後の
    53キロバイト (4,331 語) - 2019年9月18日 (水) 08:24



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    歌手の小柳ルミ子(67)が13日、公式ブログを更新し、胃の激痛に襲われて、一度は「エンディングの覚悟」を決めたことを打ち明けている。

     小柳は「今朝 又々 胃の激痛が起こり トイレに毛布を引き 1時間程戦っていました 今回は食べ過ぎではありません 胃液が何度も上がって来て 脂汗が出て 悪寒がしました」と、症状を報告。「ブスコパンを飲みましたが なかなか治らず『あ~ぁ、私はこうやって、誰にも発見されず死を迎えるんだなぁ』と思い 私の人生のエンディングの 覚悟を決めました」と、孤独死を覚悟したことを明かした。

     ブログを書いていることから幸い、回復したようで、「全然悲観的になってないんですよ 卑屈にもなってませんし 心配しないで下さいね 私の人生は そう言う事だと思います」と、“お一人さま”のプライドものぞかせている。

    10/13(日) 12:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00000057-dal-ent


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】小柳ルミ子「エンディング(死)を覚悟!」】の続きを読む

      mixiチェック

    Misono(みその、1984年10月13日 - )は、日本の女性歌手、バラエティタレント。本名は神田 美苑(こうだ みその)。 京都府京都市伏見区出身。元エイベックス・マネジメント所属。day after tomorrowのボーカル、作詞を担当し、活動休止後の2006年にソロデビュー。夫はロックバ
    33キロバイト (3,283 語) - 2019年4月20日 (土) 12:32



    (出典 avex.jp)


    Starry heavens

    (出典 Youtube)


    動画は「Starry heavens」の映像をUPしました。

    1 Egg ★

    今月1日に自身のSNSを通じて、体調不良のため10月以降、一部活動を制限することを発表していた歌手のmisono(34)が7日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月~金 前9:50)に出演し「メニエール病」であることを公表した。

     misonoは、1日のブログで、体調不良でYouTubeを休止していることや、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のため闘病している、夫のNosukeを密着している同番組で自身の「病気」について公表すると説明していた。

    10/7(月) 10:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000323-oric-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【闘病】misono「メニエール病」だった…←公表するも…】の続きを読む

      mixiチェック

    アントニオ猪木アントニオいのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日
    141キロバイト (20,943 語) - 2019年10月1日 (火) 00:12



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)


    動画は「昭和60年6月13日 アントニオ猪木 vs ハルク・ホーガン」の映像をUPしました。

    こちらもおすすめ!

    【【悲報】アントニオ猪木「しんどそうですよ!」】の続きを読む

      mixiチェック

    エスパー伊東エスパーいとう、本名:伊東 万寿男(いとう ますお)、1960年12月26日 - )は、日本のお笑い芸人、画家。 出身は熊本県阿蘇郡南小国町(公式プロフィールでは東京都出身)。エスパー伊藤は誤表記。 滑舌が悪い上に早口なため、話を1回で聞き取ってもらえないことが多い。
    19キロバイト (2,551 語) - 2019年9月4日 (水) 12:12



    (出典 www.kouenirai.com)



    1 (´?ω?`)知らんがな ★

    休業宣言のエスパー伊東 脳梗塞見つかり現在も入院中

    2018年末、右変形性股関節症のため芸能界を一時休業したエスパー伊東が、現在も入院しているという。
    人工股関節を入れる手術を今年2月に受けるも、脳梗塞が発覚。
    薬で治せる程度のものだったが、まだ歩けないため退院後は老人ホームに入る話も出ているようだ。

    エスパー伊東の「現在」を追跡! 失踪状態に芸人仲間らが募らせる不安

    (出典 s.eximg.jp)


    エスパーといえば、この芸だったが、今回の手術で2度と見ることができない状態に……
    「とにかく“足が痛い……つらい……”って。歩けないから家の中を這って移動するような状態だったので……」

     そう『週刊女性』に明かしてくれたのは、ビートたけしのモノマネで知られる芸人・ビトタケシ。カバンに入るなどの奇怪な芸で知られるエスパー伊東の現状である─。

     ’18年末に芸能界からの一時休業を発表したエスパー。理由は『右変形性股関節症』によりパフォーマンスが困難になったこと。そんな伊東を『週刊女性』が追跡し始めたのは、彼の芸人仲間たちから次のような声が聞こえてきたからだ。

    「全然、連絡がつかないんです。付き合いの長い電撃ネットワークの南部虎弾さんも連絡がとれず、とても心配しているようです。休業してから会った人もおらず、ほとんど“失踪”状態なんですよね」(芸能プロ関係者)

     話を聞いて、都内の自宅を訪れると住んでいる様子はなく、同じ階の住人は空き部屋だと思っていたほど。

    「唯一、エスパーさんの知人が《実家に帰っているんですか?》とメールしたところ、《それも含めて言えない》という返事はあったようです。以前から周りには“真鶴の実家には帰りたくない”と言っていたそうですが……」(同・芸能プロ関係者)

     神奈川県内の実家を訪れてみても表札はなく、取材を進めると、どうやらすでに引っ越してしまったようであった。また、彼自身も最近は姿を見せることはなかったという。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_15993/


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】エスパー伊東 脳梗塞で絶体絶命!】の続きを読む

      mixiチェック

    木の実ナナ(きのみ ナナ、1946年7月11日 - )は、日本の女優、歌手である。本名、池田 鞠子(いけだ まりこ)。 東京都向島区寺島町(現在の墨田区向島)出身。所属事務所はダンカンミュージック。 父はトランペット奏者、母は踊り子。父が19歳、母が20歳の時に生まれた。体が弱く、3歳まで歩けな
    31キロバイト (3,877 語) - 2019年6月18日 (火) 12:51



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    あのとき、別の選択をしていたら……。著名人が人生の岐路を振り返る「もう一つの自分史」。
    今回は木の実ナナさんの登場です。芸能界に身を置いて半世紀以上。
    さまざまな苦難もあったけれど、大切な人との出会いと絆も多くあったそうです。
    まずは太陽のような、はつらつとしたイメージにぴったりな芸名の由来から伺いました。

    *  *  *

    木の実ナナ、って最初は「変な名前だなあ」と気に入りませんでした。どこまでが名字?って。いまでは大好きな名前だし、周囲も「ナナちゃん」が当たり前になっていますけどね。

    芸能界入りのきっかけは、中学3年の学校帰りに友人に頼まれてオーディションに付き添ったことです。楽屋で友人を待っていたら「あなたは歌わないの」と言われて、歌ったら合格しちゃった。
    62年に「東京キカンボ娘」という歌でデビューして、作詞作曲の菊村紀彦先生に芸名をもらいました。漢字とひらがな、カタカナが全部入っている名前だから、歌えて踊れて、お芝居もできるスターになるように、って。

    小麦色の肌の元気な少女、といったイメージで売り出されたが、実は本人は色白。テレビ出演時にはメイクさんに濃いファンデーションをたっぷりと顔に塗られた。

    顔立ちが外国人っぽかったのか、小さいころからハーフに間違われてずいぶんいじめられたんです。でも大人は優しくしてくれました。
    東京・向島の生まれで、夜の仕事をするお姉さんや花柳界の芸者さんたちがたくさんいた。彼女たちが仕事に行く前、よく遊んでもらいました。

    ――木の実は1946年、トランペット奏者の父と、ダンサーをしていた母のもとに生まれた。母20歳、父は19歳の若い夫婦だった。

    未熟児で生まれてオギャーとも言わなかったんですって。お医者さまも「ダメだな」と思って、母の産後の面倒をみていた。
    そうしたら蚊の鳴くような声で「……んぎゃ」と言うのが聞こえたんだそうです。「キャー、生きてる~!」って大騒ぎになったそうです。

    そんな子が日に日に元気に、大きくなるから近所の人たちもびっくりしたみたい。でも体は弱くて。運動会や遠足になると熱を出していました。
    それで「少し体を動かしたほうがいい」と母のすすめで5歳のころバレエを習い始めたんです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00000024-sasahi-ent
    8/25(日) 11:30配信


    (出典 dot.asahi.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    こちらもおすすめ!

    【【克服】木の実ナナ「もう一つの自分史」】の続きを読む

    このページのトップヘ