芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    残念

      mixiチェック

    飯島直子(いいじま なおこ、1968年2月29日 - )は、日本の女優、タレントである。横浜市港北区日吉本町出身。身長166cm。血液型A型。所属事務所はハーキュリーズ。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。 横浜市立日吉台中学校、大東学園高等学校卒業。アルバイト先でスカウトされる。
    17キロバイト (2,086 語) - 2020年1月15日 (水) 20:42



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 幻の右 ★

    ちょっと引くわ」の声も

    松屋の紅ショウガ
     飯島直子(51)は1月12日、「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系列・日曜・9:55)に出演した。放送内容が話題を呼び、複数のメディアが放送内容を記事にしたほか、「飯島直子」がツイッターのホットワードになった。

     ***

     ネット上に掲載された記事のタイトルを並べると、なかなか興味深い。以下に箇条書きをさせていただこう。配信時間はヤフーニュースの掲載時間を出典とした。

    ◆「飯島直子、スリーサイズ“サバ読み”告白『ウエストは最初からウソ』」(スポニチアネックス:1月12日 10:53)

    ◆「飯島直子『ウエストは最初からうそ』6センチの“サバ読み”自ら告白」(デイリースポーツ:1月12日 13:54)

    ◆「飯島直子、内気少女からヤンキーに一変の中学時代」(スポーツ報知:1月12日 14:44)

    ◆「飯島直子、牛丼店の紅しょうが大量持ち帰り 『ちょっと引く』『好きなら別に良い』」(JCASTニュース:1月12日 19:02)

    ◆「飯島直子『松屋の牛めし』こだわりの食べ方は紅生姜10袋」(Smart FLASH:1月15日 20:33)

     スポーツ紙2紙が飯島直子のウェストに興味を示したのに対し、JCASTニュースとSmart FLASHは「牛丼に紅ショウガ10袋分を載せた」ことに焦点を合わせた。

     ウエストと紅ショウガ、どちらにインパクトがあるかは言うまでもない。ツイッターでも飯島直子に関する広範なツイートが拡散したとはいえ、断トツのメインは「牛丼に紅ショウガを10袋」問題だった。批判派と擁護派で論争が起きたわけだが、その内容をJCASTニュースの記事から引用させていただこう。

    《「持ち帰り過ぎだな...」「せいぜい2、3袋だろ?」「ちょっと引くわ」といった批判的な声も上がっていて、「スーパーで買い置きしなさいよ」「テレビで放送したら、真似するヤツが出てくる」との指摘も出た。

     また、「まず浮かんだのが塩分過剰摂取の心配」「そんなにかけたら牛丼食ってんだか紅生姜食ってんだか分かんねぇ」といった声もあった。

     一方で、飯島さんを擁護する向きも多い。

     「好きなら別に良いんじゃん」「席に置いてある箱からビニール袋に入れて持ち帰っておる訳じゃない」「完食したなら 問題ない!」といった意見だ。紅ショウガをたくさんかけるのが好きという人も多いようで、「私も同じ食べ方するから大量に持って帰ってくる」「庶民的でええやん」との共感も出ていた》

     だが改めて番組の該当場面を視聴してみると、ネット上で理解されている状況とは異なるポイントがいくつかあることが分かる。

    (続きはソースにて)

    デイリー新潮
    1/18(土) 11:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200118-00603559-shincho-ent


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    (出典 galaxysokuhou.net)


    こちらもおすすめ!

    【【ドン引き】飯島直子「牛丼に紅ショウガを10袋」問題】の続きを読む

      mixiチェック

    佐野史郎 (さの しろう、1955年3月4日 - )は、日本の俳優、映画監督。島根県松江市出身。 医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。 生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(佐野
    59キロバイト (7,633 語) - 2020年1月4日 (土) 00:45


    動画は「佐野史郎、ガキ使完全版登場も負傷シーン放送されず」の映像をUPしました🌸

    1 muffin ★

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/04/0013009644.shtml
    2020.01.04

    「ガキの使い!笑ってはいけない青春ハイスクール24時!完全版SP」が4日、日本テレビ系で放送された。収録中に第三腰椎骨折で全治2カ月のけがを負った俳優・佐野史郎が放送前にツイッターで「どんな編集になっているのか…ドキドキ」と投稿したことから視聴者が期待していた。

     佐野がけがを負った部分は、大みそか特番の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大みそかスペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」で放送されず、この日の放送に期待する向きもあったが結局、放送は見送られた。佐野は「科学部顧問」として白衣をまとって出演した。

     ネット上では「佐野史郎骨折したシーンは結局カットされたのか悲しい」「ケガの瞬間やると思ったのにやってくんなかった」「完全版なのに佐野史郎けがの原因はバッサリカットかよ」などの声が見られた。


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    こちらもおすすめ!

    【【カット】佐野史郎、「ガキ使完全版」登場…でも負傷シーンされず!】の続きを読む

      mixiチェック

    ^ “高梨沙羅選手 世界選手権で銀メダル”. NHK NEWS WEB. NHK (2013年2月23日). 2013年2月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月5日閲覧。 ^ 沙羅の所属がクラレに変更 日刊スポーツ 2013年5月29日閲覧 ^ “ジャンプ高梨、開幕4連勝 通算は女子最多タイ13勝目”
    58キロバイト (6,422 語) - 2019年11月18日 (月) 01:50



    (出典 ingori.work)


    動画は「【CM】高梨沙羅 エアウェーブairweave『最高をサポートしたい』篇」の映像をUPしました🌸

    1 名無しさん@Before→After

    語りましょう


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)




    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ◆◆高梨沙羅さらなる飛躍 / 師岡亮子/編 / 汐文社
    価格:1760円(税込、送料別) (2020/1/1時点)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】高梨沙羅さん「バチバチ叩かれ炎上中!?」】の続きを読む

      mixiチェック

    木下優樹菜 (きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。 中華料理屋を営む家に、3人姉妹の三女として生まれた。
    26キロバイト (3,300 語) - 2019年12月31日 (火) 16:19



    (出典 www.sankei.com)


    動画は「タレントの藤本敏史さんと木下優樹菜さんが離婚(20191231)」の映像をUPしました🌸

    1 風吹けば名無し

    フジモンええんか

    (出典 i.imgur.com)


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ユキナ的な。 [ 木下優樹菜 ]
    価格:1047円(税込、送料無料) (2020/1/1時点)


    こちらもおすすめ!

    【【画像あり〼】木下優樹菜の娘、スタイリストにそっくりで「もしかして?」】の続きを読む

      mixiチェック

    蛭子能収 (えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、タレント、エッセイスト。ファザーズコーポレーション所属。 熊本県天草市生まれ。長崎県長崎市育ち。長崎市立戸町中学校卒業。長崎商業高等学校卒業後、地元の看板店に就職するも、つげ義春の『ねじ式』に衝撃を受けて1970年に上京
    222キロバイト (29,372 語) - 2019年11月24日 (日) 04:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    動画は「全国のモツ煮込み店を敵に回す蛭子能収」の映像をUPしました🌸

    1 砂漠のマスカレード ★

    理由は「体力の限界」だけ?

    昭和の大横綱、千代の富士(1955~2016)は引退発表で、「体力の限界」を理由の1つに挙げた。そして蛭子能収(72)も同じ理由を口にして、人気テレビ番組が最終回を迎える――。

     ***

    11月13日、「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系列・水曜・19:54)が放送され、番組の最後に12月25日で終了することが発表された。

    スポニチアネックスが11月13日に報じた「『太川蛭子の旅バラ』次回12月25日で終了 蛭子能収の体力の限界『歩くのだけはね…』」によると、太川陽介(60)との間に、こんなやり取りがあったという。

    《太川が理由として「この人(蛭子)のわがまま」と笑いながら語ると、蛭子も「歩くのだけはね、涙がポロポロ…」と、体力の限界であったことを明かした》

    テレビ番組の制作に携わる関係者は、「蛭子さんが体力の限界に達していたのは事実でしょう。でも、それ以前にテレ東さんの誤算が、番組終了の本当の原因だったと思います」と指摘する。

    理由は「体力の限界」だけ?
    「2007年から17年まで不定期に放送されていた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は人気が高かったため、テレ東さんは19年4月から毎週木曜に『旅バラ』をスタートさせました。しかし、最初の頃から蛭子さんが体力的に辛そうだということは一目瞭然。徒歩での長距離移動に苦痛を感じているのは明白で、3泊4日というロケのスケジュールも厳しそうな様子でした」

    そこで番組は9月12日で一旦、終了を迎える。そして木曜から水曜に移動し、ルールの変更も行った。

    「ロケを1泊2日と短縮し、1万円以内の運賃ならタクシーに乗ることも可能だとしました。これなら大丈夫だとテレ東さんは判断したのだと思いますが、これが第1の誤算でした。蛭子さんは周囲が考える以上に体力が落ちていたようなのです。そして、更に大きな第2の誤算は、蛭子さんが『基本的には仕事をしたくない人』であるにもかかわらず、それを忘れてしまっていたことです」(同・テレビ制作関係者)

    蛭子は仕事が好きなのではなく、“お金”が好きなのだ。しかも、使い道も決まっている。愛してやまない競艇につぎ込むため、テレビに出ているのだ。

    「ですから蛭子さんにとって最高の仕事とは、スタジオで座ってコメントすると、周りからイジられて笑いを取る、というタイプの番組です。ロケはただでさえ大変なのに、2泊3日となると、かなりの重労働に感じておられたでしょう。蛭子さんはどんな番組でも愛着を持つ人ではありませんし、目一杯、頑張る方でもありません。『長時間労働なのに、ギャラはこれだけか』と次第にモチベーションが下がり、いい仕事ができなくなったのではないでしょうか」(同・テレビ制作関係者)

    関係者は「回を重ねるごとに、蛭子さんのリアクションはどんどん薄くなっていきました」と振り返る。

    「スタッフのフォローも限界に達し、最終的には太川さんが手を焼くほどの“無気力”な状態に陥ってしまいました。水曜に移動してからはテコ入れに成功するどころか、蛭子さんの辛そうな様子に、他の出演者も『楽しくなさそう』な雰囲気が画面からはっきりと伝わっていました。あんなに面白く、視聴者の人気を集めた番組が、こんな形で終わることになるとは、誰も想像すらしなかったでしょう。テレ東さんにとっては誤算続きで幕を下ろすことになってしまいました」(同・テレビ制作関係者)

    実はデイリー新潮も9月20日、「71歳『蛭子さん』に健康不安説 『太川蛭子の旅バラ』でなんだか様子がおかしいぞ」の記事を掲載している。9月12日に放送された番組で、蛭子の“異変”に気付いた「他局プロデューサー」のコメントを再掲載させていただこう。

    《この日の放送では、蛭子さんの口数がどんどん少なくなっていき、いつもの愚痴すらほとんどない。そしてリアクションも悪く、表情がない。しまいには、ゲストの松井珠理奈(SKE48)に手を引かれて歩いていました。蛭子さんは太川さんより、ひと回り上の70代ですが、ずいぶん老け込んでしまった気がしました。そういえば、2014年に放送された『私の何がイケないの?』(TBS)で、脳検査を受けたところ、軽度の認知障害と診断されました。16年には同じ番組で再度、診断を受け、症状は改善しているとのことでした。その後のテレビ出演では体調不良を感じるようなことはありませんでしたが、この前の放送を見て、かなり心配になりました》

    プロデューサー氏の不安、つまりデイリー新潮の記事が、残念なことに的中してしまったというわけだ。

    週刊新潮WEB取材班

    https://news.livedoor.com/article/detail/17447103/
    2019年11月28日 11時0分 デイリー新潮


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】蛭子能収「体力の限界…涙ポロポロ…」←今年で72歳】の続きを読む

    このページのトップヘ