芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    東京都

      mixiチェック
    東京は🌸が満開だそうです。

    なので、今日はぶらぶら千鳥ヶ淵公園付近を散歩してみました🌸


    電車とお弁当持って出発。曇りがちでしたが、楽しい1日を送れました🙂

    写真もUPしときますね…


    IMG_3091

    IMG_3093

    IMG_3094




    駐日英国大使館
    IMG_3101
    IMG_3103

    不定期ですが、ぶらぶら散歩の写真もUPしていきたいと思います🤗
    これからも「芸能さくらch」を宜しくお願い致します🌸


    こちらもおすすめ!

      mixiチェック

    制服 (せいふく)とは、会社、学校あるいは軍隊・警察など、ある一定の集団や組織の所属者が着用することを目的に規定された服のことである。同じ集団内でも、男性と女性、軍隊などの階級によって制服のデザインが異なる場合も多い。また、普段の着用義務がない服は、標準服(ひょうじゅんふく)や奨励服(しょうれいふく
    31キロバイト (4,160 語) - 2018年8月1日 (水) 13:49



    (出典 jay-blue.com)


    牛田中制服物語 2016




    動画は「牛田中制服物語 2016」の映像をUPしました🌸


    1 名無しさん@涙目です。 :2019/02/02(土) 10:10:23.59

    中野区と世田谷区は全区立中学校で4月以降、男子生徒がズボン、女子生徒はスカートとしていた制服の原則を見直し、女子のズボン着用を認める。
    LGBT(性的少数者)への配慮を含めて、多様性を尊重する環境を教育現場に整える狙いがある。

     中野区ではすでに全10校のうち5校で、防寒や動きやすさを考慮して女子生徒が日ごとにスカートとズボンを選べるようにしている。
    区は残りの5校とも、希望する女子生徒にズボンを用意する方針を確認した。

     どちらも選べるようになったのは、今春、区立中学校に入学する小学6年の女子児童が酒井直人区長に直談判したのがきっかけだった。

     女児が昨年、同級生の女子14人に中学校の制服についてアンケートを実施。ズボンがいいと答えた女子が最多の6人。両方は5人で、スカートを希望したのは3人だった。
    女児はその後、酒井区長と面会し、アンケート結果とともに「制服自由化宣言!をしてほしい」と題した文書を手渡していた。

     制服の上下のデザインが合わない中学校では、制服の型や柄などの変更も検討する。
    酒井区長は1日の記者会見で「多様な生き方や個性、価値観を受け入れられる地域社会になればいい」と述べた。男子生徒のスカート着用は想定していない。

     世田谷区では、昨年3月に区議会で見直しを求める意見があり、区教育委員会が検討を進めてきた。
    これまでも個別に着用を認めていた学校はあるが、4月以降は全29校で選択できるようにする。
    すでに制服のカタログで「男子」「女子」の表記をなくしている学校もあるという。

    中学制服女子もズボン可 4月以降 中野、世田谷区の全校
    https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20190201-OYTNT50197/










    こちらもおすすめ!

    【【悲報】制服の「原則見直し」で…女学生の ‷スカート姿‴ が見れなくなる時代がくる!?】の続きを読む

      mixiチェック

    尾畠春夫 (おばた はるお、1939年10月 - )は、大分県速見郡日出町在住のボランティア活動家。元鮮魚商。2012年に大分県「ごみゼロおおいた作戦功労賞」、2014年に環境省「平成26年度地域環境美化功績者表彰」、2018年に大分県「日出町功労者表彰」および大分県「大分県功労者表彰」を受賞している。
    35キロバイト (4,709 語) - 2019年1月6日 (日) 03:44



    (出典 entamescramble.com)


    動画は「徒歩日本縦断野宿でひとり旅.mp4(13年前の映像)」の映像をUPしました🌸


    1 僕らなら ★ :2019/01/19(土) 08:30:41.32

    ■尾畠春夫さんが東京から大分1320キロ徒歩帰宅へ 行程はすべて野宿

    昨年8月に山口県で行方不明の男児を救出した大分県日出町の“スーパーボランティア”尾畠春夫さん(79)が18日、東京都練馬区の貫井中学校で講演した。340人の全校生徒に向け「今は勉強することが義務」と激励した。

    東京五輪・パラリンピックに向け、ボランティア教育に力を入れる校長の熱意に、尾畠さんが応えて実現。「ぜひ講演を」と電話や手紙での依頼を100回ほど重ねた熱意が通じた。

    約50分間の講演はすべて質疑応答。生徒からの「一番大切にしていることはなんですか?」との質問に尾畠さんは「人に優しく己を小さく。これを私は常に心がけています」と答えた。

    大役を終え「子供たちの目がみんな光っていた。自信を持っている証拠だ」と語り、続けて「まっすぐ自分に正直に生きてほしい。自分に自信を持って、正しいと思ったことを貫いて。五感を働かせていろんなことを体験してほしい」と熱いメッセージを送った。

    新たな目標は旅だ。手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」の文字。この日は都内に宿泊し、その後は大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅する。これからの行程は全て野宿という。19日の東京都品川区の予想最低気温は0度。そんな寒空もお構いなしで「自然に感謝する気持ちを持っていたら天気も味方してくれる」と笑い飛ばした。

    大分に到着後も休むことなく、太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う。「同じ日本人で70年以上眠り続けている。その人たちの遺骨を出してあげたい。長年の夢だった」と、真剣なまなざしで語った。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15894499/


    こちらもおすすめ!

    【【驚愕】尾畠春夫さん、東京から大分まで「徒歩」で帰宅。途中はもちろん ‷野宿‴ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル】の続きを読む

    このページのトップヘ