芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    明石家さんま

      mixiチェック

    明石家さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。本名は「杉本 高文(すぎもと たかふみ)」 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,731 語) - 2019年12月22日 (日) 13:30



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    12月24日深夜に放送された『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2019』にて、珍しいハプニングがあったとして話題になっている。

    今年の『明石家サンタ』は放送当日に司会の八木亜希子アナウンサーが線維筋痛症により降板。
    中野美奈子アナウンサーが急きょ代役を務めるなど、バタバタな状況の中で行われたが、ハプニングは放送開始から約1時間が経過した深夜1時25分ごろに発生した。

    電話を終え、後半のCMへと移行する際、スポンサーの提供テロップが流れるのだが、提供テロップが流れたその瞬間、さんまは懐からタバコを一本取り出しライターで火を付けようとしたのだ。

    さんまは火を付ける瞬間に、CMへ移行していないことに気が付き、「あっ」という顔をしながらタバコとライターを慌てて隠し、中野アナと顔を見合わせ苦笑い。
    つられてスタッフからも笑い声が漏れるというシーンが放送されてしまったのだ。

    実に生放送らしい放送事故的ハプニングだが、さんまがCMタイムを利用しスタジオでタバコを吸おうとしたことに対し視聴者は驚き、
    ネットでは「さんまさんってスタジオでタバコ吸う人なんだ……」「隣には現役のアナウンサーもいるのに」「さんまさんはスタジオを大事にするイメージがあったのにタバコを吸うなんて」とショックの声が相次いだ。

    さんまと言えば、昨年にも自身のラジオ番組で「お笑いとタバコ。どちらかを取るならタバコを取る」という発言をした通り、芸能界屈指の「タバコ好き」として知られている。

    『明石家サンタ』は素人参加番組、かつ深夜帯の生放送という特徴もあり、ハプニングが発生しやすい環境にあるため、多くの放送事故が発生している。

    2005年には電話出演者の一人が放送禁止用語を喋ってしまい、お詫びのテロップが差し込まれたほか、
    2015年には電話をしてきた女性が「主人が行方不明になって2か月経つ」という恐ろしい内容の相談をしてくるなど、ハプニングには事欠かなかった。

    しかし、2016年以降はさんま側のケアレスミスも増えており、2018年には直前まで電話していた同じ相手に電話をかけてしまうなどの「笑えない」ハプニングも連発している。

    今回の「タバコ事件」も、受動喫煙が社会問題視されている今、決して笑う事のできないミスであり、「お笑い怪獣」の異名を持つさんまも、いよいよ芸に「鈍り」が出てきたのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2131209/
    2019.12.25 23:00 リアルライブ


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)
    :large

    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 up.gc-img.net)


    前スレ 2019/12/26(木) 07:44
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577313879/


    こちらもおすすめ!

    【【えっ?】明石家さんま、ハプニング!「あっ!」←やってもうた…】の続きを読む

      mixiチェック

    宮迫博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優である。本名同じ。 大阪府茨木市生まれ、中学まで茨木育ち。高槻市の私立金光第一高等学校卒業。西淀川育ちとよくあるが、若手時代に住んでいたのでそう思われがち。「松本家の休日」でも、茨木市のどこどこへよく買い物来
    30キロバイト (3,881 語) - 2019年10月31日 (木) 07:48



    (出典 www.sankei.com)


    芸能界復帰が濃厚…まずは舞台から…明石家さんまの舞台で登場か。

    1 牛丼 ★

    宮迫博之、復帰決定情報!来年1月「明石家さんまと共演」

     雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら、お笑い芸人、そして所属事務所をも巻き込み、芸能界を揺るがした一連の“闇営業”問題。

    「7月20日、宮迫と亮が芸人人生をかけた記者会見を行い、関係者のみならず世間に衝撃を与えました。あれから約3か月、どうやらついに、宮迫の芸能界復帰の目途が立ったようですよ」(芸能プロ関係者)

     宮迫と亮以外の闇営業に関与した芸人たちは謹慎期間を経て、復帰を果たしている。しかし、2人に関しては、今後どのような活動をしていくのか明らかになっていなかった。

    「宮迫が所属事務所からマネジメント契約を解除された当初から、明石家さんまさん(64)が、“自分のところで預かろうと思っている”と話していました。それがいよいよ、実現することになったようです」(前出の芸能プロ関係者)

     10月22日の『日刊ゲンダイ』では、さんまがごく親しい関係者に主催パーティの招待状を送ったと報じている。

    「このパーティは、11月下旬に都内ホテルで開催される予定で、『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会』という趣旨だといいます。“オフホワイト”はもちろん、2017年8月に『週刊文春』(文藝春秋)が不倫を報じた際に宮迫が発した“オフホワイトです”から来ています。

     さんまさん主催のパーティでは、宮迫を励まし、さんまさんの事務所への所属報告、さらに彼の芸能界復帰も発表される見込みだといいます。そして気になる宮迫の復帰は、来年1月から始まる、さんまさんの主演舞台になるようです」(前同)

     約5年ぶりとなる、さんま主演の新作舞台『七転抜刀!戸塚宿』には、さんまのほか、温水洋一(55)、中尾明慶(31)、10月10日に結婚を発表した佐藤仁美(40)らが出演することが明らかになっている。

    「『七転抜刀!戸塚宿』は、来年1月10日から31日まで東京の『Bunkamura シアターコクーン』で、2月20日から26日まで大阪の『COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール』で上演されますが、どうやらこの舞台に宮迫も出演することになるようです。

     宮迫は、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』をはじめ、数々のドラマや映画に出演し、俳優としても評価が高い。さんまさんも宮迫の演技力に期待して、という部分もあるかもしれない。ただそれ以上に、番組のCMスポンサーに難色を示される可能性が高いテレビでの復帰は、難しいということではないでしょうか。だからまずは、自らの主演舞台からということだと思われます」(同)

     明石家さんまという重鎮の後ろ盾を得て、宮迫は芸能界で再び輝くことができるのだろうか!?

    https://taishu.jp/articles/-/69839


    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 geitopi.com)


    こちらもおすすめ!

    【【朗報】宮迫博之、復帰決定情報!来年1月「明石家さんまと共演」!!】の続きを読む

      mixiチェック

    明石家さんま (あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,613 語) - 2019年10月7日 (月) 15:24



    (出典 www.lmaga.jp)


    音源は「アメトークにさんまがゲスト!宮迫博之『なきそうやった…』」の音源をUPしました🌸

    1 砂漠のマスカレード ★

    明石家さんま(64)が、吉本興業から契約解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の復帰に向けて「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、
    そして白紙に戻った男を囲む会」を主催することが20日、分かった。
    テレビ局員や芸能、お笑い関係者などに招待状が発送されている。

    宮迫は7月19日、闇営業問題を受けて、吉本興業から契約を解消された。同20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに会見して引退を否定。
    復帰を目指すことを明らかにしたが、いまだ謹慎が続いている状況だ。

    その後、さんまは自身の個人事務所「オフィス事務所」で受け入れることを表明。今月12日の毎日放送系ラジオ「ヤングタウン土曜日」では、
    宮迫に「お前、これからも笑わせたいのか?」と質問したことを明かした。その際、宮迫が「笑わせたいです」と答え、
    さんまは「じゃあ、仮でうちの事務所に来いよ。笑わせたかったら」と誘ったという。

    囲む会にはテレビ各局のバラエティー番組のプロデューサーらも集まるとみられ、宮迫の現場復帰を後押しすることになりそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17262318/
    2019年10月21日 5時0分 日刊スポーツ


    (出典 www.lmaga.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【必死】明石家さんまが宮迫博之「囲む会」開催へ…。業界人招き復帰支援!】の続きを読む

      mixiチェック

    IMALU(イマル、1989年9月19日 - )は、日本のモデル、タレント、歌手である。本名、大竹 いまる(おおたけ いまる)。 東京都出身。エスター所属だったが、2013年4月1日より、個人事務所である株式会社リトルトウキョウプロダクションに第一号タレントとして所属。星座はおとめ座。
    37キロバイト (4,500 語) - 2019年8月29日 (木) 20:58



    (出典 clubberia.com)



    1 muffin ★

    https://www.rbbtoday.com/article/2019/09/14/173089.html
    2019年9月14日

     明石家さんまが、13日放送の『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)で、娘IMALUから遺伝についてクレームを言われたことを明かした。

     この日は蒼井優と結婚した山里亮太が登場。まだ見ぬ子どもの話で盛り上がった。するとさんまは「(子どもは)親のDNAの変なところが似てしまう」と自論を切り出し、IMALUから「(親の)欲しい所の真逆をいってしまった」と言われたと明かした。

     具体的には「目がお母さんに似たかったのにお父さん」、「鼻はお父さんに似たかったのにお母さん」と、意に反したパーツをもらってしまったそう。続けて、さんまは、彼女について「小っちゃいとき、かわいそうに歯1本だけ出ていた」と出っ歯だったことを暴露。今は矯正したものの、かつてはIMALUから「何だよこれは!」と責められていたのだという。


    (出典 www.rbbtoday.com)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】「IMALUも出っ歯だった…」さんまにクレーム!】の続きを読む

      mixiチェック

    - 2012年2月開設。 よしもとクリエイティブエージェンシー沖縄事務所 ^ “新潟事務所オープン!!”. よしもとニュースセンター (2011年5月16日). 2017年12月13日閲覧。 ^ “あの「よしもと」が静岡にオープン!?”. 静岡ジモティーズ. TNC (2011年3月1日)
    6キロバイト (481 語) - 2019年8月6日 (火) 15:57



    (出典 i.ytimg.com)


    動画は「【激レア奇跡の共演!さんまさんと松ちゃんのトークが面白い!さんまのまんま」の映像をUPしました🌸


    1 Egg ★

    反社会的勢力が関わる“闇営業”問題で混迷が続いていた吉本興業。ダウンタウンの松本人志や、明石家さんまが8月11日までに事実上の“終息宣言”をして、ひとまず落ち着いたかのように見える。だが、反社会的勢力の排除や芸人の待遇改善などの具体策はこれから。吉本に依存するテレビ局のあり方やタレントを“干す”問題など、芸能界全体にまたがる課題は残されたままだ。

    【画像】さんま、宮迫、東野… それぞれの思いは?

     吉本は経営改革について専門家から助言してもらう「経営アドバイザリー委員会」を8月8日に開催。会社側は約6千人いる全ての所属芸人について、反社会的勢力と関わらないことを約束する「共同確認書」を交わす方針を示した。

     吉本は謹慎処分にしていたレイザーラモンHGやガリットチュウの福島善成、スリムクラブや2700ら所属芸人11人の処分を、8月19日付で解くと9日に発表。同社運営の劇場で、順次仕事に復帰させる。

     こうした吉本の対応などを受けて、松本は11日のフジテレビ系「ワイドナショー」で、一件落着とは思っていないとしつつも、こう述べた。

    「一時の最悪の状況からはちょっと脱出できた。浜田よりは頑張りました」

     明石家さんまもMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、10日に今回の問題についてこう語っていた。

    「ようやくラジオでもしゃべらんで言いようになってきた」

     さんまは同じ番組で、動向が注目される雨上がり決死隊の宮迫博之についてもこう明かした。

    「本決まりではないが、宮迫はウチにくるんじゃないかと。預かることになりそうなんですけど」

     さんまは吉本に所属してはいるが、トップスターゆえに個人事務所を持つことが許されている。宮迫は振り込め詐欺グループの宴会に出て現金をもらっていたのにうそをついて、闇営業問題を深刻化させた張本人。会社側も復帰に疑問を示していたが、さんまのもとで再起を目指すことになりそうだ。

     経営陣を一時批判した極楽とんぼの加藤浩次や、ロンドンブーツ1号2号の田村淳も、吉本残留をすでに宣言している。誰も吉本を辞めずに問題がひと山越えそうなことで、松本とさんまの大物2人もほっとしたようだ。

     さて、今回の問題は本当にこのまま終息するのか。宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮の号泣会見や、岡本昭彦社長のグダグダ会見は、多くのファンを驚かせた。会見では会社側の情報隠しとも言える行為や、社長のパワハラ発言なども発覚。このままうやむやに終わるなら、ファンからすると芸人と経営トップによる“茶番劇”を見せられていたような気分になりかねない。

     吉本は経営改革をアピールすることで信頼を回復したいようだが、実現には課題が山積みだ。

    2019.8.11 21:28週刊朝日
    https://dot.asahi.com/wa/2019081100017.html?page=1

    写真

    (出典 cdn.images-dot.com)
    ?update=20190812130656


    (出典 grapee.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【終息!?】さんま、松本もとりあえず…「最悪の状況からは…」】の続きを読む

    このページのトップヘ