芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    悲報

      mixiチェック

    青木裕子 (1983年生) (あおき ゆうこ、1983年1月7日 - )は、レプロエンタテインメント所属のフリーアナウンサー。元TBSアナウンサー。 埼玉県浦和市(現・さいたま市浦和区)出身。埼玉県立浦和第一女子高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部を卒業し、学士(経済学)を取得。 高校時代から雑誌『東京ストリートニュース
    14キロバイト (1,737 語) - 2019年9月12日 (木) 15:12



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    動画は「近藤晃央『青木裕子出演【らへん】ムービーvol.1そこらへんが好き』」の映像をUPしました🌸

    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 image.news.livedoor.com)


    11月上旬は、首都圏の有名私立小学校の入学試験が集中するお受験の正念場。毎年芸能人の子息も多く参戦する小学校受験だが、今年、保護者の間で話題になっていたのが、元TBSでフリーアナウンサーの青木裕子(36)だった。

    「長男が今年お受験だそうで、名だたる名門校の入学説明会でたびたび目撃されていました」(お受験に臨む保護者)

    それだけなら熱心な芸能人ママの一人だが、話題になった理由は他にある。

    「夫のナインティナイン矢部浩之さん(48)の姿がなく、どこの説明会でも青木さん一人だったからです。お受験は、『夫婦円満で両親が一丸となって頑張っています』という空気を学校側に見せることが大切。説明会も極力夫婦で参加してアピールするものです。

    過去にも石田純一さん(65)と東尾理子さん(44)夫妻は常に一緒に説明会に参加していましたし、菅野美穂さん(42)と堺雅人さん(46)夫妻なんて、お受験までまだ2年もあるのに、今年から2人で何校もの説明会に参加していたそうです。ご主人が“忙しい”という理由で来ないのは、“育児や教育に父親が積極的ではない”と見られてしまう可能性があるので、避ける人が多い」(同前)

    人気のナイナイといえど、矢部のレギュラーは現在コンビで1本、個人で2本のみ。多方面で活躍する相方の岡村隆史(49)と比べると、多忙そうには見えないが……。矢部の所属する吉本興業に聞いたが、締切までに回答はなかった。

    大学受験に全部落ちて芸人になった矢部だけに、息子のお受験戦争には乗り気じゃない?

    ※週刊ポスト2019年11月29日号

    https://news.livedoor.com/article/detail/17406636/
    2019年11月20日 7時0分 NEWSポストセブン


    こちらもおすすめ!

    【【孤独!?】青木裕子アナ「夫・矢部浩之が来ない…」】の続きを読む

      mixiチェック

    林葉直子(はやしば なおこ、1968年1月24日 - )は、将棋の元女流棋士、小説家、エッセイスト、漫画原作者、占い師。福岡県福岡市出身。福岡第一高等学校卒業、第一薬科大学薬学部中退。漫画原作者としてのペンネームに「かとりまさる」がある。 1979年、女流アマ名人戦に小学校6年生で優勝するなど福岡の天才少女と騒がれる。
    21キロバイト (2,911 語) - 2019年11月29日 (金) 08:35



    (出典 pds.exblog.jp)


    動画は『三菱パソコン Multi 8 CM 林葉直子 '83」の映像をUPしました。

    こちらもおすすめ!

    【【悲報】現在の林葉直子さん←女流棋士】の続きを読む

      mixiチェック

    蛭子能収 (えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、タレント、エッセイスト。ファザーズコーポレーション所属。 熊本県天草市生まれ。長崎県長崎市育ち。長崎市立戸町中学校卒業。長崎商業高等学校卒業後、地元の看板店に就職するも、つげ義春の『ねじ式』に衝撃を受けて1970年に上京
    222キロバイト (29,372 語) - 2019年11月24日 (日) 04:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    動画は「全国のモツ煮込み店を敵に回す蛭子能収」の映像をUPしました🌸

    1 砂漠のマスカレード ★

    理由は「体力の限界」だけ?

    昭和の大横綱、千代の富士(1955~2016)は引退発表で、「体力の限界」を理由の1つに挙げた。そして蛭子能収(72)も同じ理由を口にして、人気テレビ番組が最終回を迎える――。

     ***

    11月13日、「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系列・水曜・19:54)が放送され、番組の最後に12月25日で終了することが発表された。

    スポニチアネックスが11月13日に報じた「『太川蛭子の旅バラ』次回12月25日で終了 蛭子能収の体力の限界『歩くのだけはね…』」によると、太川陽介(60)との間に、こんなやり取りがあったという。

    《太川が理由として「この人(蛭子)のわがまま」と笑いながら語ると、蛭子も「歩くのだけはね、涙がポロポロ…」と、体力の限界であったことを明かした》

    テレビ番組の制作に携わる関係者は、「蛭子さんが体力の限界に達していたのは事実でしょう。でも、それ以前にテレ東さんの誤算が、番組終了の本当の原因だったと思います」と指摘する。

    理由は「体力の限界」だけ?
    「2007年から17年まで不定期に放送されていた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は人気が高かったため、テレ東さんは19年4月から毎週木曜に『旅バラ』をスタートさせました。しかし、最初の頃から蛭子さんが体力的に辛そうだということは一目瞭然。徒歩での長距離移動に苦痛を感じているのは明白で、3泊4日というロケのスケジュールも厳しそうな様子でした」

    そこで番組は9月12日で一旦、終了を迎える。そして木曜から水曜に移動し、ルールの変更も行った。

    「ロケを1泊2日と短縮し、1万円以内の運賃ならタクシーに乗ることも可能だとしました。これなら大丈夫だとテレ東さんは判断したのだと思いますが、これが第1の誤算でした。蛭子さんは周囲が考える以上に体力が落ちていたようなのです。そして、更に大きな第2の誤算は、蛭子さんが『基本的には仕事をしたくない人』であるにもかかわらず、それを忘れてしまっていたことです」(同・テレビ制作関係者)

    蛭子は仕事が好きなのではなく、“お金”が好きなのだ。しかも、使い道も決まっている。愛してやまない競艇につぎ込むため、テレビに出ているのだ。

    「ですから蛭子さんにとって最高の仕事とは、スタジオで座ってコメントすると、周りからイジられて笑いを取る、というタイプの番組です。ロケはただでさえ大変なのに、2泊3日となると、かなりの重労働に感じておられたでしょう。蛭子さんはどんな番組でも愛着を持つ人ではありませんし、目一杯、頑張る方でもありません。『長時間労働なのに、ギャラはこれだけか』と次第にモチベーションが下がり、いい仕事ができなくなったのではないでしょうか」(同・テレビ制作関係者)

    関係者は「回を重ねるごとに、蛭子さんのリアクションはどんどん薄くなっていきました」と振り返る。

    「スタッフのフォローも限界に達し、最終的には太川さんが手を焼くほどの“無気力”な状態に陥ってしまいました。水曜に移動してからはテコ入れに成功するどころか、蛭子さんの辛そうな様子に、他の出演者も『楽しくなさそう』な雰囲気が画面からはっきりと伝わっていました。あんなに面白く、視聴者の人気を集めた番組が、こんな形で終わることになるとは、誰も想像すらしなかったでしょう。テレ東さんにとっては誤算続きで幕を下ろすことになってしまいました」(同・テレビ制作関係者)

    実はデイリー新潮も9月20日、「71歳『蛭子さん』に健康不安説 『太川蛭子の旅バラ』でなんだか様子がおかしいぞ」の記事を掲載している。9月12日に放送された番組で、蛭子の“異変”に気付いた「他局プロデューサー」のコメントを再掲載させていただこう。

    《この日の放送では、蛭子さんの口数がどんどん少なくなっていき、いつもの愚痴すらほとんどない。そしてリアクションも悪く、表情がない。しまいには、ゲストの松井珠理奈(SKE48)に手を引かれて歩いていました。蛭子さんは太川さんより、ひと回り上の70代ですが、ずいぶん老け込んでしまった気がしました。そういえば、2014年に放送された『私の何がイケないの?』(TBS)で、脳検査を受けたところ、軽度の認知障害と診断されました。16年には同じ番組で再度、診断を受け、症状は改善しているとのことでした。その後のテレビ出演では体調不良を感じるようなことはありませんでしたが、この前の放送を見て、かなり心配になりました》

    プロデューサー氏の不安、つまりデイリー新潮の記事が、残念なことに的中してしまったというわけだ。

    週刊新潮WEB取材班

    https://news.livedoor.com/article/detail/17447103/
    2019年11月28日 11時0分 デイリー新潮


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】蛭子能収「体力の限界…涙ポロポロ…」←今年で72歳】の続きを読む

      mixiチェック

    中森明菜 (なかもり あきな、1965年7月13日 - )は、1982年(昭和57年)にデビューした、日本の歌手。本名同じ。松田聖子と共に80年代アイドルの双璧、2大女王。 東京都大田区生まれ、同清瀬市育ち。明治大学付属中野高等学校定時制中退。研音、コレクション、コンティニュー、N.A.P
    95キロバイト (11,087 語) - 2019年11月13日 (水) 15:05



    (出典 wmg.jp)


    中森明菜 少女A

    (出典 Youtube)


    動画は「中森明菜 少女A」の映像をUPしました🌸

    1 バグダッドの夜食 ★

     
     中森明菜(54)がまたぞろファンを心配させている。きっかけは、このほど発行されたファンクラブ会員向けの会報。スポーツ紙芸能デスクが言う。

    「会報には毎回、明菜さんの肉筆でつづられた手紙のコピーがついてきて、それで今の心境や動向をうかがい知ることができるのですが、今回も後ろ向きで、悲痛なんです。『大丈夫ですかっ!? 元気にしていますかっ!? 何かっ!! 楽しい事! あったっ!?』とつづったあと、『あたし!?』と続け『あたしは…何もないっ!!』と書いてあるんです。ファンの健康を祈る一方、コンサートもディナーショーも何も活動予定がなく、発表することもないのがつらいのかもしれませんね」

    詳細はリンク先をご覧ください。

    中森明菜「何もない」の肉筆 今年もディナーショー絶望的
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/265307
    日刊ゲンダイ 公開:19/11/27 06:00 更新:19/11/27 06:00


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    (出典 i.pinimg.com)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】中森明菜「何もないっ!!」】の続きを読む

      mixiチェック

    勝間和代 (かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 - )は、日本の著述家、評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。 東京都葛飾区生まれ。実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工
    35キロバイト (5,122 語) - 2019年11月12日 (火) 03:59



    (出典 business.nikkei.com)


    動画は「勝間さん パートナーと涙の別れ」の映像をUPしました🌸

    1 牛丼 ★

    野暮は承知のうえで、2人の恋路をちょっと覗いてみたい。経済評論家の勝間和代氏(50)とそのパートナーが破局した一件である。昨年5月に関係を公表して以来、あんなに幸せそうだったのに……。

     勝間氏のお相手は、会社経営者でLGBT活動家の増原裕子氏(41)。彼女は元タカラジェンヌと同性結婚式を挙げ、東京都渋谷区が「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」第1号として注目された(後に関係を解消)。

     勝間氏と増原氏は、昨年5月、交際と同棲を発表。幸せそうに肩を並べる写真がさまざまなメディアで紹介されていたので、目にした方も多かろう。しかし、今月11日になって、2人のSNSに破局報告が載る。

    〈本当に悲しいです。まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません〉

     勝間氏がこう綴ると、増原氏は、

    〈勝間さんへの感謝は尽きません。だからこそ、こういう選択をしてしまったことに対して、本当に申し訳なく思っています〉

     平たく言えば、勝間氏がフラれたようだが、SNSなどではなく、肉声で事情を聞いてみたい。

    「勝間は非常にショックを受け、傷ついています」

     なにかを語れる状態ではないという勝間氏に代わり、彼女の事務所代表である上念司氏が言う。

    「増原さんのやったことは、勝間を利用するだけしておいて、必要がなくなったら二股をかけて勝間を捨てたようなものです」

     あまりに酷い、と上念氏までが憤っている。

    知らない勝負下着

     どんな事情があったのか。

    「2人の関係に変化が起きたのは、今年7月の参院選です。増原さんは、立憲民主党の候補として京都府選挙区から出馬しました。勝間はその選挙で応援に走り回り街頭演説に立った。京都の住まいの掃除や料理まで、本当に献身的に尽くしたのです。さらに言うと、勝間は選挙のために約200万円も貸していたんです」

     勝間氏は、かいがいしく、年下のパートナーの世話を焼いていたわけだ。

    「落選後、増原さんはなかなか東京に戻りませんでした。戻ったのは10月でしたが、外泊が増え、洗濯物には、勝間が見たことのない増原さんの“勝負下着”があったといいます。そして突然、11月に入って“好きな人ができた”と関係解消を切り出されたわけです」

     このあたりの事情を訊ねるために増原氏を直撃すると、別れの理由をこう語る。

    「別の方と今後の人生を生きたいと思ったことによるものです。私が、勝間氏と別の第三者と交際を並行していた事実はありません。なお、第三者の方は一般の方であり、私と交際をしているという事実が明らかになれば、当該第三者の方が性的少数者であることが露見し、第三者の方のプライバシーを侵害することになりますので、その点はくれぐれもご留意ください」

     借金についても、

    「すでに分割返済を始めており、適切に対応していきます」

     実に冷淡な答えである。勝間氏も、この冷やかな温度を感じていたのだろうか。


    (出典 www.news-postseven.com)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00594670-shincho-soci


    (出典 img.sirabee.com)


    こちらもおすすめ!

    【【注目】勝間和代さん、美人パートナー増原裕子さんに「二股」をかけられフラれる…←勝間さんショック…】の続きを読む

    このページのトップヘ