芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    引退

      mixiチェック

    中西香菜(なかにし かな、1997年6月4日 - )は、日本の歌手、アイドルであり、ハロー!プロジェクトの女性アイドルグループアンジュルム(旧:スマイレージ)のメンバーである(2015年11月29日からは、サブリーダーをつとめる)。公式ニックネームはかななん。メンバーカラーはうすいピンク(2014年12月30日までは水色)。
    15キロバイト (1,619 語) - 2019年10月1日 (火) 05:05



    (出典 news-img.dwango.jp)


    動画は「アンジュルム中西香菜ちゃん卒業発表。やっぱり悲しい」の映像をUPしました。

    1 ジョーカーマン ★

    ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、アンジュルムの2期メンバー・中西香菜(22)が、12月10日に東京・豊洲PITで行われるライブツアーの最終公演をもってグループおよびハロプロを卒業し、芸能活動を終了することが9月30日、わかった。
    グループの公式サイトで発表された。

    所属事務所のアップフロントプロモーションは「芸能活動に区切りをつけ、今までとは異なった新しいジャンルに飛び込んで、一から勉強したい、と話がありました。将来のビジョンを固めるのに、もう少し時間があったほうがいいのではないか、と話しましたが、彼女の思いは固く、その意志の強さを感じ取れたので、次の一歩を踏み出したほうがいいと判断し、卒業という結論に至りました」と経緯を説明した。

    本人のコメントも掲載され、「12月10日のツアー最終公演をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました」と報告。
    「突然の卒業発表になってしまい申し訳ありません。勝田里奈の卒業をサブリーダーとしてしっかり送り出したかったのでこのタイミングとさせていただきました」と同期の卒業を見届けてからの発表となったことを明かした。

    今後については「アンジュルム卒業ということを1つの大きな決断として、色んなことに挑戦して今後の自分の未来を探していきたいと思います。いま、美容や飲食関連といった新しいジャンルの事に興味を持ち始めています。経営という分野も一から学んでいきたいと思っています。まだまだ知らない世界がたくさんあると思うので、知って自分の色んな部分を変えて人間性を磨いていきたいです」とつづり、「私が提案した『アンジュルム』という名前を使っていただけたことは自分の誇りです。卒業しても『メンバーの一員』の気持ちを持ち続けて新しい世界に飛び込んでいこうと思っています」と決意表明した。

    現11人体制で最年長の中西は、2011年8月、旧名「スマイレージ」の新メンバーオーディションで合格しサブメンバーとして加入。
    同年10月、正式メンバーに昇格し、15年11月には現リーダーの同期・竹内朱莉(21)とともにサブリーダーに就任した。
    14年にグループ名を改名した際、中西が考案した「アンジュルム」が採用され、命名者となった。

    これまでにも加入・卒業を繰り返してきたアンジュルムは、6月に最後の初期メンバーでリーダーだった和田彩花(25)、今月25日に2期の勝田里奈(21)が卒業しており、今年3人目。
    11月20日には現体制最後となる27thシングル「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」をリリースする。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000380-oric-ent

    アンジュルム 中西香菜

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    アンジュルム

    (出典 pbs.twimg.com)


    こちらもおすすめ!

    【【さよなら】アンジュルム・中西香菜「卒業&芸能界引退」】の続きを読む

      mixiチェック

    マツコデラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)であることを自覚
    42キロバイト (5,161 語) - 2019年9月3日 (火) 15:46



    (出典 image.pia.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★

    本誌既報通り、マツコデラックス(46)の芸能界引退が現実味を帯びて来た。

    発端は、『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、NHKから国民を守る党(N国)に対し
    「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」と批判したこと。

    これに反発した同党の立花孝志党首から3週連続で抗議行動を起こされ、毒舌がキレを失ったのだ。

    「マツコは以前出演したバラエティー番組で“言葉が出てこなくなったら辞めようと思う”と引退のタイミングを語っている。
    今がまさにその時なのか、周囲に“芸能界を辞める”と漏らしているようです」(番組制作会社スタッフ)

    マツコは、豪快な容姿とは裏腹に内面は繊細でナイーブ。
    今回の騒動で、口さがないテレビマンからは「ただの気の小さいデブ」と揶揄される始末。

    広告代理店関係者も見放した。

    「もはや、デラックスではなくチープに見える。番組スポンサーも今後、マツコが今回の一件で主張を曲げて謝罪したり、
    逃げ出したらキャラクターが崩壊して商品価値がなくなる”と戦々恐々としています」

    現在、マツコはレギュラー番組8本を抱えており、破格のギャラが支払われているという。

    「『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は深夜枠にも関わらず推定200万円。0月からゴールデンタイムに昇格する『マツコ&有吉 かりそめ天国』は400万円。
    ゴールデンタイムの『マツコの知らない世界』(TBS系)は500万円。この額は、お笑い界の大御所、ビートたけしより高い出演料です。

    バラエティー番組の制作費は1本あたり1000万円だから、マツコ1人のギャラで制作費の半分近くを占める。
    このまま勢いをなくせば、引退より先に局側から声がかからなくなるでしょう」(前出・スタッフ)

    この騒動に便乗し、話題になろうと必死なのが、爆笑問題の太田光(54)だ。
    N国の抗議行動に対して「民放をなめるな!」などと噛みついているが、立花党首は太田を「数字(視聴率)を持ってない人」とバッサリ。

    この際、太田も一緒に引退してはどうか。
    https://wjn.jp/article/detail/2698993/


    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【驚愕】 マツコ・デラックス引退か?】の続きを読む

      mixiチェック

    川崎あや(かわさき あや、1991年1月3日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、レースクイーン。 神奈川県出身。01familia所属。 2014年3月、SUPER GT2014 ランボルギーニのレースクイーンに選ばれる。8月、「汐留グラビア甲子園2014」出場(ファイナリスト)。 2015年、3月にSUPER
    22キロバイト (2,676 語) - 2019年7月25日 (木) 02:13



    (出典 www.shosen.co.jp)



    1 ストラト ★

    ウエスト52センチという驚異的なクビレで人気のグラビアアイドル・川崎あや(28)が、25日発売の『週刊ヤングジャンプ』34号(集英社)で芸能界から引退することを発表した。
    所属事務所によると、活動終了時期は来年3月いっぱい。
    同誌編集でラスト写真集が発売されることも決定した。

    「ミスFLASH2016」グランプリを獲得した川崎は、SUPER GT300のレースクイーンとしても活躍。
    身長167・バスト80・ウエスト52・ヒップ88センチという細いだけではないメリハリボディを誇り、刺激たっぷりにハイレグ水着にも挑戦するなど、一気にブレイクした。

    今年4月には、自身のツイッターで「5月からお仕事お休みする事になりました」と休業することを発表したが、「7、8月辺りに復活します!」と宣言したとおり今月から復帰していた。

    グラビアアイドルとして人気絶頂のなか、衝撃的な突然の引退発表となったが、今回も表紙&グラビアでトレードマークの“くびれ”と超急角度のハイレグで、過去最高に仕上がったスタイルを披露。
    さらに、川崎が過去に出演した同誌のソログラビアを1ページでまとめて紹介し、2017年からの約2年間を振り返ることのできる内容になっている。

    同号にはそのほか、DJ MEL、ワイスピガールが登場。
    巻頭カラー漫画は新連載『シェイプシューター』(岩井トーキ)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000319-oric-ent

    「週刊ヤングジャンプ」34号 川崎あや

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】川崎あや、芸能界引退!←クビレ女王】の続きを読む

      mixiチェック

    大川藍(おおかわ あい、1993年7月17日 - )は、日本の元女性ファッションモデル、元タレント。兵庫県尼崎市出身。最終所属事務所レプロエンタテインメント。 元「アイドリング!!!」のメンバー。 小学校3、4年の頃よりモーニング娘。に憧れていたが、オーディションの応募までには至らなかった。
    61キロバイト (8,135 語) - 2019年6月30日 (日) 15:27



    (出典 cdn.narinari.com)



    1 muffin ★

    https://www.oricon.co.jp/news/2138923/full/
    019-06-30 19:31

    アイドルグループ・アイドリング!!!の元メンバーでタレントの大川藍(25)が6月30日、自身のインスタグラムを更新し、芸能界引退を報告した。

    大川は「皆さま、私大川藍は本日6月30日を持ちまして芸能界を引退させて頂きます」と伝え「今まで応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、事務所の皆様 本当にありがとうございました」と感謝した。

    「今までを振り返り、何足ものわらじを履かせてもらい、色んなお仕事をさせて頂きました。それは、誰しもが出来る事ではなく、皆様のおかげでしかありません。本当に感謝でいっぱいです!」と胸中を明かし「今回の決断に後悔はありません! そう思えるのは私なりに、全力でお仕事をさせて頂けたからだと思います! 今までたくさんの幸せをありがとうございました!」とした。

    最後は「これからも感謝の気持ちを忘れず、私なりに頑張って自分の人生、家族と共に歩んでいきたいと思いますので、あたたかく見守っていてください!」と呼びかけ「本当にありがとうございました」と結んだ。

    大川は、15歳の時にオーディションに合格し、3期生としてアイドリング!!!入り。ライブやバラエティー番組で活躍し、その後、舞台やドラマなどで女優としても活動。昨年12月には一般男性と婚約したことを発表している。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】元アイドリング‼︎!・大川藍、芸能界引退!】の続きを読む

      mixiチェック

    ハッスル黄門ハッスルこうもん)は、日本の水戸藩第2代藩主である徳川光圀をモデルにしたマスコットで、全国健康福祉祭(ねんりんピック)茨城大会の大会マスコットとして、2005年(平成17年)に全国公募により誕生した。 2007年(平成19年)開催のねんりんピック茨城大会のマスコットとして誕生したが、
    8キロバイト (946 語) - 2017年6月14日 (水) 16:23



    (出典 img01.tsukuba.ch)



    1

    さらば、黄門さま-。
    平成19年から茨城県のマスコットキャラクターを務めた「ハッスル黄門」が今月末で活動を終え、“隠居”することになった。
    今後は同県の非公認キャラクターで「納豆の妖精 ねば~る君」が「いばらきの魅力発信隊」に就任し、同県公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)の「茨(いばら)ひより」とともに同県のPRを担う。

    「愛されるキャラクターとして頑張ってきたが、寄る年波には勝てず引退を決意した」

    同県庁で26日に行われた引退会見で、ハッスル黄門は県職員の「通訳」を介し、こう語った。

    ハッスル黄門は19年に同県で開催された高齢者によるスポーツの祭典「ねんりんピック」のキャラクターとして誕生。その後は県のマスコットキャラクターとして22年開港の茨城空港(同県小美玉市)のPRなどをしてきた。

    会見では、ねば~る君への委嘱状交付も行われ、ねば~る君は「粘り強く、まめに県の魅力を伸ばして、県をハッスルさせるネバ~~!」と納豆とハッスル黄門にかけて意気込みを語った。

    https://www.sankei.com/life/news/190326/lif1903260053-n1.html



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 moyarin.com)




    こちらもおすすめ!

    【【さよなら…】ハッスル黄門「歳には勝てなんだ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ