芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    吉田沙保里

      mixiチェック

    吉田沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    34キロバイト (4,241 語) - 2019年11月28日 (木) 09:25



    (出典 dot.asahi.com)


    動画は「最強の女 吉田沙保里 VSスギちゃん 腕相撲対決! 「明治スポーツミルク100万人試飲キャンペーン」3)」の映像をUPしました。

    1 砂漠のマスカレード ★

    五輪3連覇を含む16大会連続世界一を達成し、ギネス世界記録も持つ元女子レスリング選手、吉田沙保里の好感度がいま、下がり始めている。

    個人戦206連勝など輝かしい記録を持ち、国民栄誉賞、紫綬褒章も受賞、受章している吉田。「霊長類最強女子」とも呼ばれ人気を博していたが、2019年1月に現役引退を発表。
    その後、4月には朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で金曜パーソナリティに就任したり、バラエティ番組に多く出演するなど、タレント化を進めている。しかし、それが好感度急落の原因のひとつだという。

    「引退後のスポーツ選手がバラエティ番組に出演することはさほど珍しいことではありませんが、吉田の場合は引退直後に、『ZIP!』のパーソナリティに就任し『浮かれている』としてネットユーザーの不信感を生んだようです。
    さらに7月には下着ブランドのモデルにも挑戦したが、当時ネットからは『こんな姿見たくなかった』『どこに向かってるの?』という冷たい声が殺到。いきなりの露出度急増に戸惑う声が聞かれました」(芸能ライター)

    また、“深田恭子化”も嫌われるきっかけのひとつだという。

    「吉田と深田は仲がいいことで知られていますが、当初は意外な組み合わせに驚く声も上がっていたものの、いまではふたりはたびたび、お互いのインスタグラムにツーショットをアップしています。
    しかし、吉田のファッションが次第に深田似になってきたとされ、また深田の趣味であるサーフィンを吉田が追いかけ始めたことなどが、他人に寄せる“パクり女子”のようだと話題に。
    『完全に寄せていってる…』『目の前に女子のお手本がいたら勘違いするかもだけど、それでも痛いよ』といった呆れ声が集まっています」(同)

    まさに国民的ヒーローだったものの、たった1年で嫌われキャラになり下がってしまった吉田。果たして2020年はどんな評価を受けるのだろうか――。

    http://dailynewsonline.jp/article/2140774/
    2020.01.02 23:00 リアルライブ

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577978321/


    (出典 cdn.asagei.com)



    (出典 img.jisin.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】吉田沙保里、地獄モード突入か?】の続きを読む

      mixiチェック

    吉田沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    32キロバイト (3,936 語) - 2019年7月2日 (火) 00:04



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    国民栄誉賞受賞のアスリートが下着モデルに。トリンプのモデルとして丸山桂里奈が、ワコールのモデルとして吉田沙保里が抜擢された。
    両人とも人気と実力を兼ね備えたアスリートとして活躍、今はフィールドを変えてバラエティやCMで引っ張りだこである。

    海外では痩せぎすのモデルだけを賞賛する風潮は鳴りを潜め、どんな体型やサイズの女性にも広く門戸を開くブランドは好感を持って受け止められている。
    そういう意味では、モデルの多様化というのは良いことなのだろう。以前もお笑い芸人の平野ノラが下着姿を披露して話題になった。
    平野は40歳、丸山や吉田は36歳と、若いモデルばかりの業界にとっては画期的なことである。

    しかし、丸山や吉田の下着姿を見たとき、何か不安な気持ちになった。
    特に丸山がイベントで着ていたもんぺのようなボトムやがっしりした上半身、脇汗のしみた下着という全体のちぐはぐさ。
    さらに脇を手で隠しているポーズの写真が出ていたが、どうにもコミカルな印象だ。どうやら脇毛の処理を忘れていたらしい。
    下着のPRというよりも、服を忘れて来ちゃった丸山を見せられているように見えた。
    トリンプ、これで本当に良かったのだろうか。

    吉田に対しても、「ここまで来たか」という反応が多いように見受けられる。以前もメイクやファッションに気を使い始めた彼女に対し、バッシングの声は上がっていた。
    それは理不尽にも思えるほどだったが、今回彼女の下着姿を見て、私もさすがに胸がざわざわしたのである。


    吉田沙保里

    確かに写真は綺麗だ。女性らしさと彼女らしい明るさが出ている。しかし、やはり丸山と同じく、下着よりも「脱いだ」衝撃が強い。
    田さん、脱いじゃったの、という印象が強過ぎて、下着のPRになっていない気がするのである。

    2人のアスリートが証明した、好感度という薬の副作用

    丸山も吉田も、明るい健康的なアスリートということで好感度が高いのはわかる。何かと炎上しがちな昨今だが、2人ともスキャンダルには無縁だし、問題発言もほとんどない。
    バラエティ慣れした今では丸山はおバカ、吉田はイケメンに目が無い結婚したいキャラといった、持ち味もわきまえて振舞っているのも素晴らしい。
    ただ改めて思うのは、彼女たちの好感度の出どころは、女性としての肉体を否定したその精神性に強くあったのだということだ。

    不条理な話だが、女性アスリートが現役時代、「女」を出すと異常に嫌われる。
    たとえば、潮田玲子や安藤美姫に対する批判が多いのは、アスリートとしての精神より、女性としての肉体を意識した言動や衣装が多いからだろう。
    その点で丸山や吉田は、世の中が思う「アスリートとしての健全な精神」を体現した女性として好感度を集めていた。
    汗を流し、歯を食いしばり、結果を出してきたストイックさを買われていた。つまり、女よりも競技を優先する姿勢が人気の出どころだった。
    それなのに女を前面に出した下着モデルをやってしまったら、好感度は湧いてこない。
    むしろ「あれ、あなたもあっち側の女性だったの」という裏切られたような気持ちが湧いてくるだろう。

    丸山や吉田にとっては、はっきり言って理不尽な心理である。彼女たちが悪いというより、起用側も好感度の出どころを見誤っていたのかと思う。

    老若男女問わず、どんな体型や容姿の人でも、好きな格好をのびのびできる社会がいちばんだ。しかし、宣伝活動となると話は違う。
    ブランドのイメージや、届けたいターゲットがどう思うかということに、気をつける必要が出てくる。

    その意味では丸山も吉田も、ネームバリューはあるものの、下着のモデルとして適正だったかは疑問が残る。商品のターゲット女性たちに対してのケアももう少しあっても良かった。
    脇を手で押さえて写真を撮る女性と同じ下着を、着たいと思う女性がどれほどいるだろうか。
    そしてブランドだけでなく、丸山や吉田の「勘違いしちゃって」というイメージダウンも少なからずあったとすれば、いったい誰が得をした起用だったのか首をひねる。

    炎上社会を生き抜くための、好感度という薬。確かに効果は強いけれども、使い方を間違えればとんでもない副作用が出ることを今回の騒動は教えてくれたのではないか。
    タレントも、用法用量を正しく守ってお使いくださいと但し書きが必要になったのかもしれない。

    (冨士海ネコ)

    2019年7月7日 掲載

    https://news.livedoor.com/article/detail/16734989/

    2019年7月7日 6時0分 デイリー新潮


    (出典 jp.sloggi.com)



    (出典 gogotsu.com)


    こちらもおすすめ!

    【【ドキッ♡】元アスリートがエロくなってメディアに登場する訳】の続きを読む

      mixiチェック

    吉田沙保里 (よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    31キロバイト (3,552 語) - 2019年1月10日 (木) 07:08



    (出典 daliosite.com)


    動画は「全てやり尽くした 吉田沙保里さん引退会見」の映像をUPしました🌸


    こちらもおすすめ!

    【【圧巻】吉田沙保里「普通の女の子に戻ります…♡」】の続きを読む

      mixiチェック

    吉田沙保里 (よしだ さおり、1982年(昭和57年)10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    30キロバイト (3,524 語) - 2019年1月8日 (火) 08:22



    (出典 xn--zck9awe6d872rezhp3y9g1f.jp)


    動画は「【吉田沙保里】CGなし!驚愕のCM撮影」の映像をUPしました🌸


    1 ばーど ★ :2019/01/08(火) 17:30:27.54 ID:xBrdluM09.net

    レスリング吉田沙保里が引退を表明 五輪3連覇を達成

    レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(36)が現役を引退することが8日、分かった。10日、都内で本人が記者会見する。

    三重県出身の吉田は2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン五輪での55キロ級で五輪3連覇を達成。16年のリオデジャネイロ五輪は53キロ級で銀メダルを獲得した。12年には国民栄誉賞を受賞した。

    リオ五輪後は公式戦には出場せず、選手兼コーチとして日本代表と至学館大で後輩を指導していた。

    吉田は自身のインスタグラムで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました。また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」とつづった。


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    2019年1月8日16時27分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM185D8JM18OIPE01H.html

    ★1が立った時間 2019/01/08(火) 16:05:21.50
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546931121/


    こちらもおすすめ!

    【【レジェンド】吉田沙保里よ、永遠であれ!】の続きを読む

    このページのトップヘ