芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    動物

      mixiチェック

    ローラ (モデル) (1990年3月30日 - )は、おもに日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都出身。LIBERA所属。双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。
    63キロバイト (7,059 語) - 2018年12月20日 (木) 03:16



    (出典 rolaofficial.com)


    動画は「ローラ、大胆ドレスで『Story』熱唱!『LIVE DAM STADIUM』CM、メーキング、インタビュー映像」の映像をUPしました🌸


    1 風吹けば名無し :2019/01/11(金) 19:12:16.02

    モデルのローラ(28)が10日、インスタグラムを更新し、ゾウの密猟と象牙製品の流通禁止を訴えた。
    ローラは以前から、ネット上で出回っていたアフリカゾウの親子の動画を投稿した。無邪気に鳥を追いかけ回していた子ゾウが滑って転び、母親ゾウがすぐに近寄ってくるというもの。

    「このゾウの動画はすごく心があたたかくなる ゾウはすごく頭がよくて自分の姿の絵を筆を使って描くゾウもいて、
    人間と同じ感情をもっていて大切なものを失った時の心にポッカリと穴が空く感情や悲しみがあると涙を流したり、怒ったりもするんだ」と、ゾウという生き物の「特殊性」を紹介した。

    ゾウはリーダーを筆頭に母系集団を形成して生活する。動物の中でも高い知能と記憶力を誇り、仲間のゾウが死ぬと、
    その場を離れずに涙を流したり、銃を持った密猟者に遭遇すると子ゾウを中心に輪になり、必死に守る様子が映像などで伝えられている。

    ローラも「そして長い年月たっても、愛する者をずっと忘れない感情もあるの」と、こうした人間に近い一面を称賛した。

    「『森の庭師』とも呼ばれていて森の中の親植物から遠く離れたところにタネを運ぶ凄く重要な役割を果たしていて
    何千年にも渡って沢山の木を植えてきたんだ」と、ゾウのふんによって、熱帯雨林の維持にも一役買っていることを指摘した。

    そんなゾウだが、アフリカを中心に、象牙を狙った密漁被害が止まらない。テロリストが貧困エリアの地元住民を利用し、銃器を与えて、陸から空からゾウの集団を追跡。
    護衛するレンジャーと銃撃戦になり、毎年死傷者が出ている。「スーパータスカー」と呼ばれる立派な牙を持つ巨大なオスゾウも少なくなった。

    現在、国際的に保護を求める声は高まっており、英国のヘンリー王子(34)らが懸命に活動に力を入れている。
    一方、日本の立ち位置は微妙だ。象牙は古くからハンコなどに使われ、国内取引を禁止していないからだ。

    実際、元貴乃花親方の長男で靴職人兼タレントの花田優一(23)は昨年10月、ブログで「象革の靴」と写真を紹介し「めちゃくちゃかっこいい。象は今狩ることはだめなのでめちゃ高い革になってるんです いつか作ってみたいな」とコメントした。
    法の緩い日本を経由して、象牙市場を閉鎖している中国など、アジア諸国への流通を招いている現状もある。

    ローラは「いまは密猟によってゾウの数がすごく減ってきているんだ。どうか象牙製品を買う人がすくなくなりますように」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000020-tospoweb-ent


    (出典 www.sankei.com)



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】ローラさんの ‷ブレーカー‴ 飛ぶ…】の続きを読む

      mixiチェック

    乗馬 (じょうば)は、広義には馬に乗る行為(騎乗)全般を狭義には近代馬術を指す。また乗用に用いられる馬(乗用馬)そのものを指す。 乗馬の目的は、歴史的にはまず移動である。20世紀前半に自動車に取って代わられるまでは、乗馬は陸上における個人の移動手段の筆頭であった。次に乗馬
    6キロバイト (892 語) - 2018年10月8日 (月) 04:22



    (出典 static.pepy.jp)


    動画は「おもしろ過ぎる乗馬中のハプニング集」の映像をUPしました🌸

    1 どんぐり ★ :2018/11/23(金) 19:21:43.29 ID:CAP_USER9.net

    23日朝、愛知県森林公園で、女子大学生が馬術大会に出場する馬に頭をけられ、意識不明の重体。

    23日午前7時半ごろ、愛知・尾張旭市の愛知県森林公園の乗馬施設で、馬が突然暴れだし、手綱(たずな)を引いていた女子大学生が、頭をけられた。

    けられたのは、名古屋大学に通う21歳の女子大学生で、脳挫傷などで意識不明の重体となっている。

    馬はメスで12~13歳、高さ150cm、体重500kgあり、24日から開かれる大学生の馬術の全国大会に出場する予定で、23日は大会前の準備が行われていた。

    大会主催者は「こういう事故があるってことは、まれというか、ほとんどない。いつもいる環境とは違うので、それに興奮していたのか」と話した。

    大会の主催者によると、女子学生は選手ではないが、厩舎(きゅうしゃ)から馬を出して歩かせていたところ、突然暴れだしたという。

    (東海テレビ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181123-00406173-fnn-soci


    (出典 www.toysrus.co.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】馬が興奮!‷JD‴ 頭蹴られ重体!】の続きを読む

      mixiチェック

    鳥類 (ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表
    178キロバイト (22,522 語) - 2018年9月16日 (日) 06:42



    (出典 i.pinimg.com)


    そういえば感電しないよね。どうしてなのかな🌸

    1 風吹けば名無し :2018/10/14(日) 07:42:47.55 ID:YHAsD1cw0.net

    謎すぎる


    こちらもおすすめ!

    【【不思議】なぜ電線に止まった鳥は感電しないの?】の続きを読む

      mixiチェック

    犬吠埼マリンパーク (いぬぼうさきマリンパーク、英語: Inubosaki Marine Park Aquarium)は、千葉県銚子市にあった水族館。犬吠埼の岬の上、太平洋を見下ろす高台に位置した。イルカの繰り出す高いジャンプにより、客席に水しぶきのかかるイルカショーも人気だった。
    17キロバイト (2,106 語) - 2018年8月23日 (木) 09:58



    (出典 www.sumida-aquarium.com)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/08/26(日) 04:31:33.54

    こちらもおすすめ!

    【【危機】閉館水族館 「人間は身勝手な生き物…イルカやペンギン助けてあげて」 】の続きを読む

      mixiチェック

    トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! (トコトンほりさげたい!いきものにサンキュー!!)は、2014年5月7日よりTBS系列で水曜日19:00 - 20:00に放送されている、生物について取り上げた教養バラエティ番組である。 水曜日ゴールデン枠では『わくわく動物ランド』以来、TBS全体でも『どうぶつ奇想天外
    41キロバイト (2,601 語) - 2018年8月7日 (火) 09:18



    (出典 www.tbs.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/08/08(水) 11:44:53.94 ID:CAP_USER9.net

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1086934/
    2018年08月08日 11時00分

     お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(43)が司会を務める動物バラエティー番組「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!」(水曜午後7時、TBS系)が、9月いっぱいで終了することが本紙の取材で分かった。同番組は、かねてネット上などで「動物虐待」と批判されており、それが打ち切りの遠因になったと指摘されているが、果たして真相は――。

     この番組では愛犬、愛猫のペットを取り上げた企画が人気で、プライベートでも猫を飼っている徳井をはじめ、動物好きのタレントが数多く出演している。

     動物たちの“すごい能力”や“驚くべき技”を引き出して放送するのがコンセプトで、視聴者の支持を得ているが、一方で「やり過ぎ」との批判が多かったのも事実。ネット上ではたびたび「放送内容が動物虐待」と批判を浴びていた。

     たとえば、2月21日に放送された3時間スペシャルでは、京都に住む双子の2歳女児と3歳メス猫の様子を取り上げ、「ヤンチャ双子に耐えるネコ」と紹介。この猫は、双子の女児に自宅内で首輪をつけられ、散歩ごっこをする際にリードをやや強引に引っ張られたり、女児が生後10か月だったころにはしっぽをつかまれたりしていた模様が放送された。

     これに対しネット上では批判が殺到。特にツイッターのユーザーが鋭く反応し、「虐待」「親が子を止めるべき」などと厳しい書き込みが相次いだ。

     こうした批判に対しTBS関係者は「局内でも『虐待』かどうか議論になったが、ネット上の批判は当たらないのでは。女児が猫とじゃれているだけでも、親が止めるレベルなのか…」と首をかしげる。本紙も改めて放送を確認したが、さすがに「虐待」と言うほどひどい内容とは思えなかった。

     さらに7月11日の放送では、タレントのデヴィ夫人が野外で、一般男性が飼う「ヤンチャ犬」こと5歳オスのラブラドールレトリバーをリードをつけて散歩する様子が放送された。この時デヴィ夫人は、フラッと散歩しようとする犬の尻を「コラッ!」と右手で叩いた。

     徳井は「人の犬を!」と苦笑いしたが、この後にデヴィ夫人は見事に犬を手なずけた。散歩に同行したタレントの大沢あかねが「言うこと聞いてる」とうなるほどだった。

     それでもツイッターのユーザーからはデヴィ夫人に対し「不快!」などとバッシングが相次ぎ、プチ炎上した。

     同関係者は「デヴィ夫人は犬を気持ちよく散歩させていた」と擁護した。こちらの放送も本紙は確認したが、ネット上で批判されているほどの内容とは捉えられなかっただけに不可解だ。

     とはいえ同番組が、「ネット上で批判されている」とTBS局内で、やり玉に挙がっていたのも事実だという。

    「視聴率は10%近く取っていて、最近のバラエティー番組としては決して悪い数字とは言えなかった。でも批判が出ている状況に、上層部は“潮時”と判断したのかもしれない」(同)

     結局、「動物虐待疑惑番組」というネット上の烙印を返上できないまま9月いっぱいで終了することが決定し、4年半の放送に幕を閉じる。

     コンプライアンスが厳しくなった現代では、テレビ局がネット上の批判を無視できないのが実情。これによってバラエティー番組の制作サイドが萎縮してしまい、自粛ムードが高まって番組内容がつまらなくなってきたとも言われている。番組の内容に対する評価は高かっただけに、打ち切りという判断に惜しむ声が広がりそうだ。


    (出典 www.nekocafe-leon.com)


    こちらもおすすめ!

    【【批判】TBSのペット番組が9月で打ち切り!!ネットで「動物虐待」と批判殺到。】の続きを読む

    このページのトップヘ