芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    俳優

      mixiチェック

    高島忠夫(たかしま ただお、男性1930年7月27日 - 2019年6月26日)は、日本の俳優・タレント・司会者である。本名は高嶋忠夫(読み同じ)。血液型はO型。4人姉妹弟の長男(姉1人、妹1人、弟1人)。所属事務所は東宝芸能。 兵庫県武庫郡御影町(現神戸市東灘区御影町)で、姉妹弟のいる4人きょう
    37キロバイト (4,775 語) - 2019年6月28日 (金) 04:03



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    俳優の高島忠夫さんが26日午後1時1分に老衰のため亡くなった。88歳。通夜・告別式は遺族の希望により家族のみの密葬にて27日に執り行われた。所属事務所によると、お別れの会なども行う予定はないという。

    高島さんは1951年に新東宝のニューフェイス「新東宝スターレット」第1期生として芸能界入りし、1952年の映画『恋の応援団長』でデビュー。同年に『チョイト姐さん思い出柳』で初主演を飾った。

    バラエティー番組などで司会もこなし、妻で女優の寿美花代(87)と共演した料理番組『ごちそうさま』や『クイズ・ドレミファドン!』、また『ゴールデン洋画劇場』の映画解説でも親しまれた。

    次男の俳優・高嶋政宏(53)と三男の俳優・高嶋政伸(52)は書面で追悼コメントを寄せた。

    ■高嶋政宏
    病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。
    その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ヶ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。
    マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。

    ■高嶋政伸
    父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。
    このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16691428/
    2019年6月28日 12時43分 オリコン


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    こちらもおすすめ!

    【【訃報】高島忠夫さん、老衰のため死去 88歳】の続きを読む

      mixiチェック

    松重豊(まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本の俳優。福岡県出身。ザズウ所属。 西南学院高等学校を経て、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。所属は東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオを経て、現事務所に至る。 2、3歳の頃、橋幸夫の「恋をするなら」が欲しくて長崎のレコード屋の前
    68キロバイト (9,023 語) - 2019年6月24日 (月) 07:25



    (出典 kaigo-kagami.com)



    1 ひかり ★

     テレビ東京系「孤独のグルメ」などで知られる俳優・松重豊(56)が24日、自身のインスタグラムを更新。アカウントが公式として認められないため、
    今月末でインスタを閉鎖することを報告した。

     松重は「免許証のコピーまで提出しても、本人であると認められず」と嘆き、「やむなく今月末で閉店します」とコメント。「皆様フォローありがとう!!」と
    感謝の意を記した。

     仕事の合間のオフショットなどを頻繁に投稿していた松重。アカウントは「松重豊 公式instagram」となっているが、公式と認証された場合に付く
    青い認証バッジは付いていない。

     突然に閉鎖宣言を受け、フォロワーからは「松重さんの投稿される写真や文章、楽しみにしていたので寂しいです」「悲しすぎます」
    「そんなことあるの!?松重さんインスタ辞めないで下さい!」「非常に非常に残念です…悲しいです」など惜しむ声が相次いでいる。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000082-sph-ent

    松重豊
    https://www.instagram.com/mattige3/


    (出典 torigei.com)



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    こちらもおすすめ!

    【【悲報】松重豊「免許証のコピーまで提出しても…」】の続きを読む

      mixiチェック

    八嶋智人(やしま のりと、1970年9月27日 - )は、日本の俳優、タレント、ナレーター、声優、司会者。奈良県奈良市出身。奈良女子大学附属小学校・奈良女子大学附属中学校・奈良女子大学文学部附属高等学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)、日本大学文理学部哲学科卒業。シス・カンパニー、劇団カムカ
    29キロバイト (3,677 語) - 2019年5月3日 (金) 12:45



    (出典 www.cinemacafe.net)


    動画は「大河ドラマ「いだてん」メインテーマ 陸上自衛隊 第4音楽隊第4師団65周年記念行事』」の映像をUPしました。


    1 湛然 ★

    2019年5月23日 13時4分スポーツ報知
    八嶋智人、「いだてん」視聴率不振に疑問「めちゃめちゃ面白いじゃない!!」
    https://hochi.news/articles/20190523-OHT1T50111.html

    八嶋智人

    (出典 hochi.news)



     俳優の八嶋智人(48)が23日、自身のツイッターを更新。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(日曜・後8時)の視聴率不振に「なんでぇ~」と疑問を呈した。

     「いだてん」は2月10日放送の第6話で9・9%と初の1ケタ台を記録すると、4月28日放送の第16話では自己ワーストの7・1%をマーク。大河ドラマでは記録が残る1994年以降で過去最低の数字で、今月19日放送の第19話の8・7%まで14週連続1ケタ視聴率となっている。

     八嶋は「歌舞伎のお稽古してて、NHK大河ドラマ『いだてん』の話で盛り上がってました。視聴率が悪いと聞き、皆で驚いてました」とツイート。「なんでぇ~めちゃめちゃ面白いじゃない!!」と続けた。

     さらに「勘九郎くんはじめキャスト・スタッフさんの熱量がバシバシ伝わってきて素晴らしいんだけど!!」と主演の中村勘九郎(37)らを称賛し、「僕は出てませんが宜しくお願い致します」と呼びかけていた。


    (おわり)


    こちらもおすすめ!

    【【発言】八嶋智人「めちゃめちゃ面白いじゃない!!」】の続きを読む

      mixiチェック

    内野聖陽(うちの せいよう、1968年9月16日 - )は、日本の俳優。神奈川県横浜市出身。身長177cm、血液型AB型。本名読みは「うちの まさあき」で、2013年7月までは芸名としても使われていた。元妻は女優の一路真輝。 実家は横浜市の曹洞宗寺院。世田谷学園高等学校、早稲田大学政治経済学部政
    26キロバイト (3,109 語) - 2019年5月15日 (水) 23:01



    (出典 pbs.twimg.com)



    1

    5/22(水) 4:00 スポニチアネックス
    内野聖陽 17歳年下元付き人の女優と交際 知人「数年前から…」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000001-spnannex-ent

     俳優の内野聖陽(50)が、17歳年下の女優小山あずさ(33)と交際していることが21日、分かった。

     関係者によると、相手の小山は内野の元付き人で、柳葉敏郎(58)らのいる融合事務所に所属し、舞台を中心に活動している。11~12年には仲代達矢(86)が主宰する「無名塾」に在籍していた。
    知人は「数年前からお付き合いされてます。小山さんが内野さんの自宅に手伝いに行くこともあると聞いています。仲は本当に良さそうですよ」と話している。

     前妻で女優の一路真輝(54)とはミュージカル「エリザベート」での共演をきっかけに、06年に結婚。1児をもうけたが、「一つ屋根の下で暮らすのは難しい2人だった」と11年に離婚した。
    それから初めての交際発覚となった。

     最近は、俳優西島秀俊(48)とダブル主演するテレビ東京系ドラマ「きのう何食べた?」(金曜深夜0・12)で話題を呼んでいる。
    同性カップルの2人暮らしを描く作品で、内野は同性愛者であることを公表し、口調やしぐさが女性っぽい男性という難役を好演して注目を集めている。

     23日発売の女性セブンでも写真入りで交際を報じている。

     ◆内野 聖陽(うちの・せいよう)
    1968年(昭43)9月16日生まれ、神奈川県出身の50歳。92年、早稲田大学在学中に文学座研究所に入所。93年に「女たちの十二夜」で初舞台。同年にNHK「街角」の主演を務めドラマデビュー。
    00年には「エリザベート」で初のミュージカル主演。07年にNHK大河ドラマ「風林火山」で主演。血液型AB。


    小山 あずさ | 融合事務所 | YOUGO OFFICE
    http://yougooffice.com/artist/koyama_azusa/


    (出典 img.cinematoday.jp)



    (出典 img.stardust.co.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【報告】内野聖陽、17歳年下女優とお付き合い♡】の続きを読む

      mixiチェック

    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    56キロバイト (6,877 語) - 2019年5月1日 (水) 02:30



    (出典 buzz-plus.com)



    1 Egg ★

     現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率が1桁台と低迷が続き、3月には出演するピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕されるというスキャンダルにも見舞われるなど、マイナスの材料ばかりが目立っている。

    「業界では“『いだてん』は呪われている”と揶揄する声もあるなか、制作サイドは視聴率上昇に向けてあがいているようです。やはり、大河のファンは歴史モノが好きな人が多いので、現代に近い時代設定にしたことが大きな敗因でしょう。また、依然としてストーリーが“わかりにくい”という感想も多いようです」(テレビ局関係者)

     3月いっぱいで第1章であるストックホルム編が終了したが、脚本を担当する宮藤官九郎は出演したラジオ番組内でドラマの構想に5年の歳月を費やしたことを明かし、ドラマへの並々ならぬ熱意を語っている。


    「ピエールの逮捕で、クドカンの努力も水の泡となりました。ピエールが逮捕された翌日、撮影現場では、まるでピエールは最初から出演していなかったかのように、出演者やスタッフからその話題は出ませんでした」(制作関係者)

     そんななかピエールの復帰について、一部からはこんな声も聞こえてくる。

    「NHKやスポンサーの力が強い民放テレビでの復帰は、確かに難しいでしょう。しかし、たとえば映画や舞台は、騒動が落ち着けばピエールを受け入れるでしょう。2月に逮捕された俳優の新井浩文に関しては、性犯罪ということもあり、復帰するとしても10年から20年はかかるといわれていますが、大麻不法所持での逮捕歴がある萩原健一が『いだてん』に出演した例もあるように、芸能界は薬物関連で事件を起こしたタレントに対しては、意外に甘いという風潮があるのは事実です。ピエールも俳優としては唯一無二の存在を誇っていただけに、近い将来、復帰の可能性は高いという見方が多いです」(テレビ局関係者)

     また、別の業界関係者もこう語る。

    「骨のある映画監督や舞台の演出家は、“この俳優を起用したい”と思えば、その俳優がたとえ過去に犯罪を犯していようと使いますよ。映画や舞台は見たい人だけがお金を払って鑑賞するので、不特定多数の人の目に触れるテレビと比べて、世間から理解を得られやすいという面もあるでしょう。俳優の過去や本人のイメージが役とリンクすれば、よりリアルに見えますから、そういう意味でも役者としては評価の高いピエールが復帰する日はそう遠くないといわれています」

     過去に性犯罪や違法薬物犯罪を起こしたものの、現在も芸能活動を継続しているタレントは多い。ピエール復帰に向けたハードルは低いのかもしれない。

    2019.05.06ビジネスジャーナル
    https://biz-journal.jp/i/2019/05/post_27779_entry.html


    (出典 snjpn.net)



    (出典 www.lmaga.jp)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト

    こちらもおすすめ!

    【【噂】ピエール瀧「芸能界復帰説」】の続きを読む

    このページのトップヘ