芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    ラジオ

      mixiチェック

    森本毅郎(もりもと たけろう、1939年9月18日 - )は、日本の東京都出身のフリーアナウンサー・司会者。元NHKアナウンサー、ニュースキャスター。愛称は「タケロー」。株式会社ラダック(LADAK)は森本が設立した番組制作会社である。兄は評論家の森本哲郎。また、大の阪神タイガースファンとしても知られている。
    10キロバイト (1,044 語) - 2019年10月1日 (火) 11:59



    (出典 static.tbsradio.jp)



    1 牛丼 ★

     フリーアナウンサーの森本毅郎アナウンサー(80)がレギュラーを務める8日放送のTBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」(月~金曜・前6時30分)を体調不良のため途中退席した。

     森本アナは、午前6時半の放送開始時には通常通り出演したが、午前6時57分過ぎにTBSの土井敏之アナウンサー(49)が森本アナが体調を崩したことを明かし、土井アナが代わりにアシスタントの遠藤泰子アナウンサー(75)と共に番組を進行した。

     森本アナの状況は番組内で逐一報告され、午前7時45分過ぎに「スタッフとも会話しておりまして、今はお医者さんに診てもらっています」と土井アナは明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000102-sph-ent


    (出典 www.news-postseven.com)


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】森本毅郎アナ、体調不良でラジオ生放送を途中退席…】の続きを読む

      mixiチェック

    那須恵理子(なす えりこ、1951年4月23日 - )は、ラジオパーソナリティ、元ニッポン放送アナウンサー。 東京都出身。東京都立新宿高等学校(坂本龍一と同級生)、上智大学文学部国文学科卒業。 1974年、アナウンサーとしてニッポン放送に入社。制作部アナウンサールーム長、編成部副部長を歴任。201
    8キロバイト (864 語) - 2019年10月1日 (火) 12:29



    (出典 www.allnightnippon.com)



    こちらもおすすめ!

    【【画像あり〼】オジサンにしか見えない「女子アナ」発見!】の続きを読む

      mixiチェック

    熊田曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    25キロバイト (3,582 語) - 2019年6月8日 (土) 04:40



    (出典 erosoku.net)



    1 砂漠のマスカレード ★

    タレントの熊田曜子(37歳)が、10月11日に放送されたラジオ番組「なな→きゅう」(文化放送)に出演。3度の出産による、“でべそ”や皮膚のたるみについて語った。

    熊田は産後もグラビア活動は続けており、その抜群のスタイルには「3人の子供がいるとは思えない!」「すごすぎる……」
    「くびれハンパない」など絶賛の声が寄せられているが、減量により若い頃のグラビアと同じような体型に戻せたように見えても、実際には元に戻らなかったところもあるという。

    そのひとつが“でべそ”。「1人目は出産して、ほぼ戻ったんですけど、2人目が臨月のときに、もう出るものが……へそまで出るんですね。
    臨月のときって、“でべそ”になるんですよ。
    1人目もあったし、『産んだら戻るわ』と思ってたら、産んでも戻らなくて。
    ずっと2人目妊娠中からでべそが続いてるんですよね」と語り、「いまもそうです。本当は3人目出産後に直そうと思っていろんな技術を聞いたんで、やったんですよ」
    と、“でべそ”を引っ込めようと努力したこともあったそうだ。

    例えば助産師に「(おへそを)中に入れなきゃいけないから、ちょっと引っ込むようにテーピングする、みたいな」とのアドバイスを受け、
    実践してみると「もう見事にかぶれまして。出産のときって敏感肌になるので。これはやめようと」とうまくいかなかったそう。
    また、「体重を戻してそこからにしようと思って、体重は戻ったんですけど、“でべそ”はそのままなんですよ。どうしたら治るのか、それは課題ですね」と、現在も継続して悩んでいるようだ。
    ちなみに、「グラビアは“でべそ”のまんまです。
    『これは勲章だ』とか言いながら」とのこと。

    そして、「あと、皮も戻らなくなりますね」と、出産による身体の変化について、
    「ゴムと一緒で、1回ピーンとなったのを戻して、またピーンとなったのって、どんどんゆるゆるになってくるから、
    体操座りみたいなポージングしたときは、さすがに皮がもうすごいことになってますね」と語り、
    「(グラビアでは)そこは、(グラビアアイドルを)19年やらせてもらった技術で、うまいこと手で隠すとか」とテクニックでカバーしていると笑った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17222438/
    2019年10月12日 13時22分 ナリナリドットコム


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 abc.imgxyqpdrs.xyz)



    (出典 q3tokyo.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【残念】熊田曜子さん「でべそ」について一言!】の続きを読む

      mixiチェック

    小島瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
    34キロバイト (4,457 語) - 2019年8月6日 (火) 00:14



    (出典 %E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%A3%81%E7%B4%99%E7%84%A1%E6%96%99.com)



    1 Toy Soldiers ★

     タレントの小島瑠璃子(25歳)が、8月24日に放送されたラジオ番組「さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子の『みむこじラジオ!』」(ニッポン放送)に出演。自身の“ポロリ”経験について語った。

    この日、リスナーから寄せられた水着の“ポロリ”に関する話題の中で、小島は「私、ウォータースライダーでしたことあります」と告白。
    「ウォータースライダーでバーンって下のプールに入ったときに。まずTバックになりながら滑って、最後、バーンって入ったときに水中でポロリですよね」と、そのときの状況を語る。

    三村から「わかるんだ、自分で。あ、出ちゃったって」と“ポロリ”に気付くものなのかと聞かれると、小島は「わかります」。
    そして「(水中から)上がってくるまでに“ポロリ”を直せるか、っていう攻防です。セーフか、間に合わなかったかぁ~っていう」と続けた。

    さらに三村が「もう全出し? 全出? 全出っていうか両出? 両方出ちゃう?」と質問すると、小島は「いや、片出……くらい。
    (上がったビキニを)下げる作業が間に合わなかった」と回答。三村は「水中で瞬時に大変だね」、小島は「ほんと大変なんですよ」と振り返った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16977314/


    (出典 www.1242.com)



    (出典 radiko.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【ポロリ】小島瑠璃子「あ、出ちゃった…」】の続きを読む

      mixiチェック

    明石家さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。企画等のクレジットでは本名名義も多い。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    151キロバイト (21,251 語) - 2019年6月29日 (土) 12:55



    (出典 i.pinimg.com)



    1 風吹けば名無し

    6/29(土) 22:25配信
     明石家さんまが29日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン 土曜日」(土曜、後10・00)に出演し、
    同じ吉本興業に所属する後輩芸人たちが関わった“闇営業”問題に触れ、
    「入江に頼まれたら俺も行ってた。世話になってる」とカラテカ入江慎也の名前をあげ、自身も依頼されたら応じていたと述べた。

     さんまは冒頭からこの問題に触れ、「吉本とがいろいろと話題をかっさらっている」と残念そうに述べた。
    「いけないことをしてしまった。どうしようもない」とし、また、スリムクラブについては「あいつらも大変。生活もせなあかん」と同情の言葉もあった。

     続けてさんまは「俺は入江にすっごい世話になってるんで、入江がもし『さんまさん、お願いします』って言ってきたら絶対行ってた」と話した。
    さんまが大好きな、ジョーダン×パリ・サンジェルマンのトレーナーや、Tシャツを八方手を尽くして手に入れてくれたという。


    (出典 radiko.jp)



    (出典 musai-kk136-06.c.blog.so-net.ne.jp)



    こちらもおすすめ!

    【【衝撃】明石家さんま「俺も入江に頼まれてたら絶対行ってた。」】の続きを読む

    このページのトップヘ