芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    ボランティア

      mixiチェック

    宮迫博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優である。お笑いコンビ・雨上がり決死隊のボケ担当。相方は蛍原徹。本名同じ。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していた。身長169cm。 大阪府茨木市生まれ、中学まで茨木育ち。高槻市の私立金光第
    31キロバイト (3,960 語) - 2019年9月13日 (金) 13:20



    (出典 taishu.jp)



    こちらもおすすめ!

    【【画像あり〼】宮迫博之の現在はこちら…←頑張ってます!】の続きを読む

      mixiチェック

    石田ひかり(いしだ ひかり、1972年5月25日 - )は、日本の女優である。本名は訓覇 ひかり(くるべ ひかり)、旧姓は石田。姉は女優の石田ゆり子。姉が社長を務める個人事務所「風鈴舎」に所属する。 東京都で誕生。両親は転勤族で、3歳の頃まで兵庫県西宮市で暮らす。母親は沖縄県石垣島出身。
    25キロバイト (3,012 語) - 2019年9月4日 (水) 23:10



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 ひかり ★

    女優石田ひかり(47)が、台風15号により大きな被害を受けた千葉県南部の安房郡鋸南町に支援物資を届けるため出発したことを報告した。

    生活困窮世帯の支援活動を行っている石田は11日、インスタグラムを更新し、「千葉県安房郡鋸南町 向かいます」と報告。飲料水や食料、おむつなどを
    ワゴン車に詰め込んだ写真をアップし、「個人の力では限界がありますが 居ても立っても居られないので 電気は止まっているし 食料も全く足りていないそうです 
    信号も機能していないようですが 都内から2時間あれば着けると思います」とつづった。

    千葉県では11日午前11時現在も全域で停電が続いている。10日には各地で最高気温が30度を超える真夏日となった中、断水も約8万4000戸に上った。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-09110274-nksports-ent


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 rikalog.com)


    こちらもおすすめ!

    【【報告】石田ひかり、動き出す!】の続きを読む

      mixiチェック

    尾畠春夫 (おばた はるお、1939年10月 - )は、大分県速見郡日出町在住のボランティア活動家。元鮮魚商。2012年に大分県「ごみゼロおおいた作戦功労賞」、2014年に環境省「平成26年度地域環境美化功績者表彰」、2018年に大分県「日出町功労者表彰」および大分県「大分県功労者表彰」を受賞している。
    35キロバイト (4,709 語) - 2019年1月6日 (日) 03:44



    (出典 entamescramble.com)


    動画は「徒歩日本縦断野宿でひとり旅.mp4(13年前の映像)」の映像をUPしました🌸


    1 僕らなら ★ :2019/01/19(土) 08:30:41.32

    ■尾畠春夫さんが東京から大分1320キロ徒歩帰宅へ 行程はすべて野宿

    昨年8月に山口県で行方不明の男児を救出した大分県日出町の“スーパーボランティア”尾畠春夫さん(79)が18日、東京都練馬区の貫井中学校で講演した。340人の全校生徒に向け「今は勉強することが義務」と激励した。

    東京五輪・パラリンピックに向け、ボランティア教育に力を入れる校長の熱意に、尾畠さんが応えて実現。「ぜひ講演を」と電話や手紙での依頼を100回ほど重ねた熱意が通じた。

    約50分間の講演はすべて質疑応答。生徒からの「一番大切にしていることはなんですか?」との質問に尾畠さんは「人に優しく己を小さく。これを私は常に心がけています」と答えた。

    大役を終え「子供たちの目がみんな光っていた。自信を持っている証拠だ」と語り、続けて「まっすぐ自分に正直に生きてほしい。自分に自信を持って、正しいと思ったことを貫いて。五感を働かせていろんなことを体験してほしい」と熱いメッセージを送った。

    新たな目標は旅だ。手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」の文字。この日は都内に宿泊し、その後は大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅する。これからの行程は全て野宿という。19日の東京都品川区の予想最低気温は0度。そんな寒空もお構いなしで「自然に感謝する気持ちを持っていたら天気も味方してくれる」と笑い飛ばした。

    大分に到着後も休むことなく、太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う。「同じ日本人で70年以上眠り続けている。その人たちの遺骨を出してあげたい。長年の夢だった」と、真剣なまなざしで語った。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15894499/


    こちらもおすすめ!

    【【驚愕】尾畠春夫さん、東京から大分まで「徒歩」で帰宅。途中はもちろん ‷野宿‴ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル】の続きを読む

      mixiチェック

    山根明 (やまね あきら、1939年10月12日 - )は、一般社団法人日本ボクシング連盟元会長 。 「アマチュアボクシング不毛の地」といわれた奈良県を「ボクシング王国」とよばれるまでに引き上げ、同県出身の辻本和正・名城信男ら有力選手を育成した。大阪商業大学ボクシング部ヘッドコーチ、大阪経済大学
    6キロバイト (616 語) - 2018年9月13日 (木) 11:12



    (出典 grapee.jp)


    動画は、山根会長の十文字茜さん」TV登場シーン。

    1 ほニーテール ★ :2018/10/13(土) 21:42:53.93 ID:CAP_USER9.net

    13日に都内ホテルで開かれた、デヴィ夫人(78)が代表を務めるNPO「アースエイドソサエティ」主催のチャリティーパーティー「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」には、日本ボクシング連盟の山根明前会長(79)も招待された。

    デヴィ夫人とバラエティー番組で共演したことがきっかけで招待された山根氏は「ボクシング代表じゃない。男山根として招待していただいた。感動しました」と話した。

    日本オリンピック委員会(JOC)の要請で設けられた第三者委員会で先月、山根氏体制下で「山根判定」「奈良判定」などと言われた不可解な判定があったと認定された。山根氏は「認定いうんは、おかしいんです。判定は割れるんです。今の政権は(応援)しません」と、日本ボクシング連盟の現体制を批判した。

    前日は79歳のお祝いの会を身内で設けたそう。「これからは子供たちのためになることをしたい、と言ったら、芸能関係の仕事がいいんじゃないかと勧められた。今、ちょっと悩んでる」などと話した。

    パーティーは、日本赤十字社、NPO「難民を助ける会」を支援する趣旨で開催され、今年で21回目。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00361066-nksports-ent


    (出典 i.daily.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【誘惑】 #山根会長 、こっちの方が儲かりまっせ~】の続きを読む

      mixiチェック

    日本において、ボランティアとは一般的に、自発的に他人・社会に奉仕する人または活動を指す。ボランティア活動の基本理念は、公共性、自発性、無償性、先駆性である。 奉仕活動については「チャリティー」の項目を参照。 聖書の副詞形ヴォルンターテ「自ら進んで」の語源は動詞「volo(ヴォロ)」(「欲する
    21キロバイト (2,856 語) - 2018年9月26日 (水) 20:12



    (出典 www.cinra.net)


    大学生気づいてしまう。
    「東京五輪ボランティア参加したら無償どころか赤字だ」
    五輪ボラ募集大ピンチ!!
    動画は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ボランティア募集」CMの映像です🌸
    出演:広瀬すずさん

    1 Ψ :2018/09/17(月) 21:24:57.59 ID:zQYAzWNB.net

    交通費の支給は滞在先から会場まで 五輪ボラ参加で赤字になる場合も

    2018年9月17日 5時58分
    ざっくり言うと

    計11万人を募集予定の、東京五輪ボランティアの応募が9月中旬から始まる
    交通費の支給は滞在先から会場までで、地方からの参加者の負担は大きい
    ある地方の大学生は、無償どころか赤字になるため参加を諦めたという

    記事を読む
    http://news.livedoor.com/topics/detail/15316689/
     自己矛盾なんてどこ吹く風。とにかく、タダ働きの人材が欲しいということだ。

     しかし、地方のある大学生は、ボランティア参加を、別の理由で諦めた。

    「募集要項に交通費に関する項目もありますが、よく読むと滞在先から会場までのみ。地方から東京までの交通費や宿泊代は自費です。
    これでは、無償どころか赤字で臨むことになる。大学側に行けと言われても、学生の懐事情では参加が難しい」

     先の大学関係者は、文科省の今後の動きを警戒する。

    「明らかな人員不足の場合、学生数に比例して、一定のボランティアの招集を促す通知が出る可能性がある。そうなれば、もう学徒動員の誹(そし)りを免れない」

     このままでは、〈I CANNOT DO〉の輪が拡がっていくだけだ。

    「週刊新潮」2018年9月13日号 掲載


    (出典 image.news.livedoor.com)


    こちらもおすすめ!

    【大学生「??…!!!!!!。2020のボランティアって赤字!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ