芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

    闘病・怪我・訃報

      mixiチェック

    エスパー伊東エスパーいとう、本名:伊東 万寿男(いとう ますお)、1960年12月26日 - )は、日本のお笑い芸人、画家。 出身は熊本県阿蘇郡南小国町(公式プロフィールでは東京都出身)。エスパー伊藤は誤表記。 滑舌が悪い上に早口なため、話を1回で聞き取ってもらえないことが多い。
    19キロバイト (2,551 語) - 2019年9月4日 (水) 12:12



    (出典 www.kouenirai.com)



    1 (´?ω?`)知らんがな ★

    休業宣言のエスパー伊東 脳梗塞見つかり現在も入院中

    2018年末、右変形性股関節症のため芸能界を一時休業したエスパー伊東が、現在も入院しているという。
    人工股関節を入れる手術を今年2月に受けるも、脳梗塞が発覚。
    薬で治せる程度のものだったが、まだ歩けないため退院後は老人ホームに入る話も出ているようだ。

    エスパー伊東の「現在」を追跡! 失踪状態に芸人仲間らが募らせる不安

    (出典 s.eximg.jp)


    エスパーといえば、この芸だったが、今回の手術で2度と見ることができない状態に……
    「とにかく“足が痛い……つらい……”って。歩けないから家の中を這って移動するような状態だったので……」

     そう『週刊女性』に明かしてくれたのは、ビートたけしのモノマネで知られる芸人・ビトタケシ。カバンに入るなどの奇怪な芸で知られるエスパー伊東の現状である─。

     ’18年末に芸能界からの一時休業を発表したエスパー。理由は『右変形性股関節症』によりパフォーマンスが困難になったこと。そんな伊東を『週刊女性』が追跡し始めたのは、彼の芸人仲間たちから次のような声が聞こえてきたからだ。

    「全然、連絡がつかないんです。付き合いの長い電撃ネットワークの南部虎弾さんも連絡がとれず、とても心配しているようです。休業してから会った人もおらず、ほとんど“失踪”状態なんですよね」(芸能プロ関係者)

     話を聞いて、都内の自宅を訪れると住んでいる様子はなく、同じ階の住人は空き部屋だと思っていたほど。

    「唯一、エスパーさんの知人が《実家に帰っているんですか?》とメールしたところ、《それも含めて言えない》という返事はあったようです。以前から周りには“真鶴の実家には帰りたくない”と言っていたそうですが……」(同・芸能プロ関係者)

     神奈川県内の実家を訪れてみても表札はなく、取材を進めると、どうやらすでに引っ越してしまったようであった。また、彼自身も最近は姿を見せることはなかったという。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_15993/


    こちらもおすすめ!

    【【悲報】エスパー伊東 脳梗塞で絶体絶命!】の続きを読む

      mixiチェック

    高島忠夫(たかしま ただお、男性1930年7月27日 - 2019年6月26日)は、日本の俳優・タレント・司会者である。本名は高嶋忠夫(読み同じ)。血液型はO型。4人姉妹弟の長男(姉1人、妹1人、弟1人)。所属事務所は東宝芸能。 兵庫県武庫郡御影町(現神戸市東灘区御影町)で、姉妹弟のいる4人きょう
    37キロバイト (4,775 語) - 2019年6月28日 (金) 04:03



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    俳優の高島忠夫さんが26日午後1時1分に老衰のため亡くなった。88歳。通夜・告別式は遺族の希望により家族のみの密葬にて27日に執り行われた。所属事務所によると、お別れの会なども行う予定はないという。

    高島さんは1951年に新東宝のニューフェイス「新東宝スターレット」第1期生として芸能界入りし、1952年の映画『恋の応援団長』でデビュー。同年に『チョイト姐さん思い出柳』で初主演を飾った。

    バラエティー番組などで司会もこなし、妻で女優の寿美花代(87)と共演した料理番組『ごちそうさま』や『クイズ・ドレミファドン!』、また『ゴールデン洋画劇場』の映画解説でも親しまれた。

    次男の俳優・高嶋政宏(53)と三男の俳優・高嶋政伸(52)は書面で追悼コメントを寄せた。

    ■高嶋政宏
    病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。
    その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ヶ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。
    マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。

    ■高嶋政伸
    父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。
    このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16691428/
    2019年6月28日 12時43分 オリコン


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    こちらもおすすめ!

    【【訃報】高島忠夫さん、老衰のため死去 88歳】の続きを読む

      mixiチェック

    SNOB(スノッブ)は、吉本興業に所属するお笑い芸人である。近年はレゲエグループの活動が主。 1991年8月結成。 SNOBつね(1969年11月10日 - ) 大阪市出身。本名は、國分常勝。 男性、小柄。 SNOBゆか(1964年8月3日 - 2019年6月14日) 大阪市出身。本名は、橋本由可。
    2キロバイト (287 語) - 2019年6月26日 (水) 16:04



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 幻の右 ★

    お笑いコンビ、SNOB(スノップ)ゆか(本名・橋本由可)が今月14日に、循環器疾患のため滞在先のジャマイカで亡くなっていたことが26日、分かった。54歳だった。所属する吉本興業が発表した。

    発表によると、SNOBは漫才のほか、DJコンビとして活躍しており、毎年ジャマイカでDJ修行を行っていたという。今年も4日から現地に滞在していたが、体調を崩し、そのまま帰らぬ人となった。通夜・告別式は大阪市内で執り行われるという。

    SNOBゆかは、大阪出身。87年に吉本新喜劇に入団し、91年にコンビを結成した。レゲエ番組をプロデュースするほか、本番のジャマイカでDJプレイや、音楽番組に出演するなど、グルーバルに活躍していた。

    日刊スポーツ 6/26(水) 23:43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-06261197-nksports-ent


    (出典 www.scudm.com)



    (出典 matomedane.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【訃報】吉本所属女性芸人が死去!】の続きを読む

      mixiチェック

    ジャニー喜多川ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、1931年〈昭和6年〉10月23日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで
    22キロバイト (2,916 語) - 2019年6月22日 (土) 14:39



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    動画は「ジャニー喜多川 テレビ出演」の映像をUPしました🌸


    1 砂漠のマスカレード ★

    2019年6月18日(木曜日)正午過ぎ、ジャニー喜多川社長が都内の病院に緊急搬送され、残念ながら帰らぬ人となった出来事は多くの人たちを悲しみに包んでいる。18~20日にかけて多くのジャニーズ事務所所属タレントが病院に駆け付け、悲しくも感謝を告げる対面となったようだ。

    ・何も発言されない状態続く

    なかでもSMAPとして活躍した草彅剛(44歳)はショックが大きかったようで、草彅剛の公式Twitterは2019年6月17日の投稿を最後にツイートが停止し、何も発言されない状態が続いている。また、香取慎吾(42歳)も2019年6月17日の投稿以降は宣伝ツイートのみとなっており、何らかの影響があるのではないかとの声も出ている。

    ・計り知れないほどの悲しみ

    草彅剛と香取慎吾、そして稲垣吾郎(45歳)はSMAP解散後にジャニーズ事務所を抜け、3人それぞれが独立した芸能活動をしている。しかしながら、たとえジャニーズ事務所を抜けたとしてもジャニー喜多川社長によって芸能界に導かれ、いまの活躍の場が与えられているのは間違いない。それを考えれば、ジャニー喜多川社長の死は計り知れないほどの悲しみに違いない。

    良かったですね!良い個展だったね

    また次も期待してます! https://t.co/N14tM83AqR

    — 草彅 剛 (@ksngtysofficial) 2019年6月16日




    やっとね。 ー アメブロを更新しました#稲垣吾郎

    https://t.co/yV667PfNiA

    — 稲垣 吾郎 (@ingkgrofficial) 2019年6月17日

    ・ショックを受け絶句か

    稲垣吾郎も2019年6月17日以降のTwitter書き込みがなく、草彅剛と同様にジャニー喜多川社長の死にショックを受け絶句しているのではと考えられる。どうであれ、師ともいえる人物が亡くなったのだから絶句して当然だろう。

    ・この世を去った悲しみは深い

    多くの人たちに夢を与え続けてきたジャニー喜多川社長。マスコミは彼の死を報道していないが、ジャニーズ事務所が彼の死を公式に解禁する日は近い。ジャニー喜多川社長がこの世を去ったことによる悲しみは深い。

    2019年6月22日
    https://rxcxy.com/journeykitgawa_interview/


    (出典 bepo-blog.com)


    こちらもおすすめ!

    【【衝撃悲報】ジャニー喜多川社長、天に召される…】の続きを読む

      mixiチェック

    生稲晃子(いくいな あきこ、1968年4月28日 - )は、日本の女優。歌手。本名・佐山晃子(さやまあきこ[要出典]、旧姓:生稲)。 所属事務所はプロダクション尾木。 女性アイドルグループおニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は40番。 東京都小金井市[要出典]出身。小金井フットボールクラブに
    36キロバイト (5,156 語) - 2019年5月23日 (木) 06:09



    (出典 www.kayopops.jp)



    1 ニライカナイφ ★

    ◆ 生稲晃子さん 乳がん再発繰り返し全摘へ 右胸にそっと触れ、「ありがとう、さようなら」と…

     1986年、アイドルグループ「おニャン子クラブ」に入り、芸能活動を始めた。グループ解散後は、女優や歌手としてテレビや舞台などで活躍。結婚して長女を出産し、仕事と育児に追われる日々を送っている。

     がん検診は毎年のように受けていたが、2010年は忙しさから予約を入れ忘れた。知り合いの医師に勧められ、11年1月、人間ドックを受けた。

     すると、「再検査」の通知が届いた。精密検査を受けると、右胸に小さながんが見つかった。医師から告知を受けたときは、「ドラマのワンシーンを撮影しているような感じでした」。自分のこととは思えず、涙も出なかった。

     当時、テレビ朝日の街歩き番組「ちい散歩」に出演していた。「がんの公表は、健康番組のイメージに合わない」。そう考えて公表しないことにした。

     5歳だった娘には言うべきかどうか悩んだ。「この子なら理解してくれる」。直感的に思い、自宅のソファで話をした。

     「ママのおっぱいの中に悪いものがあって、取らないとママは死んでしまうかもしれないんだよ」

     娘は「ママが入院するのは嫌だ。死ぬのは嫌だ」と泣いた。だが、後になって話しておいてよかったなと実感した。「ちゃんと理解をして成長してくれていると思うことが、何度かありました」

     2011年3月に見つかった右胸のがんは小さかった。5月、がんを切除する手術を受けた。

     当時、テレビ朝日の街歩き番組「ちい散歩」に出演していた。がんのことは公表せず、手術を受けて退院した翌々日には、普段と変わらぬ元気な姿で収録に臨んだ。

     「せっかくレギュラーで起用してくださっている。外見に変化があるわけでもなく、今まで通り、やれるところまでやってみようと思いました」

     この年の7月には放射線治療も始まった。暑い中、1か月以上にわたり病院に通うのはつらかった。しかし、仕事に行くと、気持ちを切り替えられた。

     「病気になると、孤独感や疎外感を持ってしまいがちです。仕事場でも家庭でも、自分の言葉や働きを待っていてくれる人がいて、必要とされていると思う気持ちが、病気に打ち勝つ薬になるのかなと思います」

     仕事を続けていたからこそ、治療も頑張れた。

     放射線治療が終わると、ホルモン治療を開始し、薬を飲み始めた。だが、12年、再び右胸にがんが見つかった。

     「がんを取り、放射線も当てていたのに……」。体の中にあるがんのしつこさを知り、最初に告知を受けたときよりも気持ちが沈んだ。9月に再び、がんを切除する手術を受けることになった。

     2012年9月、右胸にがんが再発していると告知され、すぐに切除する手術を受けた。ホルモン治療を続けたが、13年秋、三度(みたび)、がんが見つかった。

     再発を繰り返し、「命のことも考えていかなければいけない状況にある」と感じた。主治医は右の乳房を全摘し、同時に再建する手術を提案した。

     45年間、苦楽を共にしてきた体の一部を、自分が生きるために取り去らなければならない。右胸に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになり、主治医の前で初めて泣いた。だが、「娘のために責任を持って生きていかなければ。死ぬわけにはいかない。ずっとそばにいてあげたい」。すぐに決断した。

     全摘手術を12月末に行うことが決まると、娘が銭湯に行きたがっていたことを思い出した。

     「右胸がなくなったら、人前で裸になる勇気は持てないかもしれない」。手術の5日ほど前、手をつないで銭湯に出かけた。娘は広い風呂に入れてうれしそうで、その様子を見ているだけで楽しかった。「時間が止まってほしいという思いでした。楽しくもあり、悲しくもある思い出です」

     手術前日に入院した。その日の夜、病室で一人、鏡に向かい、右胸にそっと触れた。

     「ありがとう、さようなら」――。そう言って、別れを告げた。

     2013年12月、右胸を全摘し、同時に再建する手術を受けた。後で人工乳房を挿入するため、胸の皮膚を伸ばす器具を入れた。

     ところが、11年に行った放射線治療によって皮膚がダメージを受け、伸びにくくなっていた。手術を受けてからしばらくは寝ても起きても、ズーンという鈍い痛みが続き、再建手術を受けたことを後悔したほどだった。

    ※続きは下記のソースでご覧ください 

    2019/6/16(日) 7:10 読売新聞(ヨミドクター)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010000-yomidr-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    こちらもおすすめ!

    【【がん】生稲晃子さん、今までありがとう、さようなら…】の続きを読む

    このページのトップヘ