芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

      mixiチェック

    友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。 愛媛県松山市市坪北出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社(東京吉本)所属。 松山市立石井小学校、 松山市立椿中学校、松山東雲高等学校、松山
    46キロバイト (5,717 語) - 2019年8月21日 (水) 02:57



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方
    公開日:2019/08/23 06:00 更新日:2019/08/23 11:35

    闇営業問題から端を発したお家騒動がようやく収束しそうな吉本興業だが、またまた問題が発覚。
    女ピン芸人の友近(46)にパワハラ疑惑が浮上したのだ。

    「週刊新潮」によると、友近のマネジャー2人が今年に入ってから
    同社の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。

    嘆願書には友近の常軌を逸したイジメについて書かれているというが、
    「向いてないから辞めろ」といった罵詈雑言を浴びせられたり、深夜まで説教されたことが訴えられているのだ。

    友近は同誌に対し、一部事実関係を認めたうえで反論。とはいえ、
    過去10年ほどで友近のマネジャーは20人近く代わっているというからシャレにならない。

    「最近の若いマネジャーは打たれ弱いので、友近さんの言うことも一理ありますが、
    以前からそういううわさがあったので、共演する後輩芸人たちはすっかり怯えてしまっています」(テレビ関係者)
    友近は現在、「ゴゴスマ」(TBS系)、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など8
    本のレギュラーを持つ売れっ子だが、問題がこじれるようなら、その座は安泰ではない。

    「コメンテーターを務める『ゴゴスマ』などではパワハラ問題を扱うが、自分が“当事者”なのにどうコメントするのか。
    テレビ各局のコンプライアンスでパワハラはNGですから」(前出のテレビ関係者)

    仕事に対する厳しさで知られる友近。ふがいないマネジャーや後輩に腹が立つこともあるだろうが、キレてはいけなかった。

    日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260673

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【カウントダウン】友近に暗雲がたちこめる…】の続きを読む

      mixiチェック

    小嶋陽菜(こじま はるな、1988年〈昭和63年〉4月19日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル、女優。『MAQUIA』の専属モデル、『sweet』のレギュラーモデルである。女性アイドルグループAKB48の元メンバーであり、同グループの派生ユニット・ノースリーブスのメンバーである。本名
    72キロバイト (9,964 語) - 2019年8月22日 (木) 19:07



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 usb ★

    元『AKB48』の小嶋陽菜がツイッターに投稿した内容が話題を呼んでいる。

    事の発端は8月15日に、小嶋自身がプロデュースするブランド『Her lip to』(ハーリップトゥ)のツイートを引用リツイートし、水着の商品について《カラー・サイズ欠が多くなってきたので、悩んでいる方はお早めに》と購入を呼びかけたこと。そのメンション欄に付いたリプライは、

    《きれいだなぁ陽菜ちゃんかわいいじゃキスしたいと思います! マジ卍》
    《どの水着もセクシーだ 生で見たいな 生で見たらあまりのうれしさに失神しちゃうな》
    《エロボディですね》
    《いただきまーす! ブックマーク笑笑ごちそうさまでしたの報告はさすがにできません》

    など、セクハラコメントだらけだった。

    すると、このリプライに対して小嶋が反撃。

    《クソリプしかないけど、Twitterの女の子たちに届いてるかな?》

    と、セクハラファンたちをバッサリたたき切った。


    クソリプにも神対応でクソファン歓喜!

    これに対するリプライには、

    《笑いました 女の子も見てます(クソリプ多いなぁと思いながら)》
    《ちゃんと届いてますが気持ちめっちゃ分かります 女の子専用のTwitterとかあったらいいのにね》
    《クソリプ多いなって思ってたけど陽菜ちゃんも思ってたのね笑》
    《今さら、以前のを2着注文してます 全部かわい過ぎで、優柔不断なので決断が遅れ気味になってます いつも優しさと美しさをありがとうございます》
    《小嶋さん燃料投下してる笑 そんな小嶋さんすち》

    など、女子からの声と同時に、

    《届いてる!! 股間にダイレクトに!!》
    《えっちしたい》
    《はるなちゃんもう寝ちゃったかな? ぼくはまだ眠れずです はるなちゃんの作った水着とても素敵だよ 一緒にプールに行きたいなぁ 日焼け止め塗ってあげるからね はるなちゃんの白い肌が焼けちゃうから あっ、変な意味じゃないからね なんちゃって》

    などと、やはり〝クソリプ〟が送られてしまった。

    すると、翌16日にも小嶋は、

    《私がクソリプに対してツイートをすると毎回フォロワーめちゃ増えるんだけど、その影でクソリプおじさんたちが居づらくなって、いなくなっちゃったら寂しいなって思うんだけど、ぜんっぜんいるわ。さすが》

    と、クソリプを送るファンに対して愛ある言葉を残した。これにファンは再び歓喜。

    《もちろんですよ!! 今日の下着はイタリア製です!!》

    など、やはりクソリプが送られた…。

    どうやらセクハラおじさんたちは、小嶋の手のひらで転がされているようだ。

    https://myjitsu.jp/archives/92497


    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 www.officiallyjd.com)


    【【勃発】小嶋陽菜vsセクハラおじさん】の続きを読む

      mixiチェック

    あった藤田を誘ったことがコンビ結成のきっかけとなった。コンビ名の由来は、藤田が見た映画「トータル・リコール」と大村がコンビ名の候補にしていた「ハウステンボス」を合わせたことから。 略称は「トータル」又は「トーテン」。テレビ番組や芸人の間では前者で呼ばれることがほとんどである。
    68キロバイト (9,697 語) - 2019年7月3日 (水) 03:10



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 牛丼 ★

    目下、地球の人口は77億に膨らみ、多種多様の人間で溢れているが、それでも人類は2種類に大別できるという。間(ま)がいい人と、悪い人だ。さしずめ、本項の主役は後者の部類で人類トップに君臨すると言えよう。吉本芸人の藤田憲右(けんすけ)(43)。以下は「ザ・間が悪い男」のピンクな顛末である。

     ツッコミの藤田とボケの大村朋宏(44)が組む「トータルテンボス」は、「M-1グランプリ」の決勝に3度進出した経験のある実力派漫才コンビだ。独特のアフロヘアで「半端ねえ」というセリフを連発する芸風の藤田は子煩悩な2児の父親としても知られる。だが、
    「ケンちゃん(藤田)はこの前、私の友だち、スーワイちゃんの“ダンナさま”になったよ~」
     こう証言するのは、タイはバンコク在住の風俗嬢だ。彼女の言う「スーワイちゃん」は、目鼻立ちがはっきりとしたエキゾチックな20代の美女である。
    以下続きはこちらで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190823-00577837-shincho-ent


    【【驚愕】トータルテンボス藤田、タイ人美女とのベッド写真が流出!】の続きを読む

      mixiチェック

    田村英里子(たむら えりこ、1973年1月16日 - )は米国の女優、歌手。90年代アイドル。茨城県出身。 血液型はB型。T164 B82 W56 H85。 SAGのメンバー。E, Inc.代表取締役。アメリカでの代理人は「CAA」。エンタテインメント・ロイヤーはニコール・キッドマンと同じ弁護士である。
    22キロバイト (2,393 語) - 2019年8月19日 (月) 21:44



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「2009年に映画のPRで日本に来たのですが、それから昨年までは、まったく戻っていませんでした。グラビア写真を撮っていただくのも、20年ぶりくらいになります」

    田村英里子はいま、アメリカ西海岸で暮らしている。一時帰国した彼女の笑顔は、日本にいたころと変わっていなかった。

    「今年は何度か日本に来ていますが、頭の中では英語で考えて、日本語に訳して話していることがときどきありますね。久しぶりの日本は、テレビのチャンネルが変わっていて驚きました。それから車を運転したら、危うく右側運転しそうになってしまいました(笑)」

    1989年にデビューした「えりりん」は、1990年代のトップアイドルだった。

    「当時仲がよかったのは、同い年の島崎和歌子ちゃん。2人で温泉に行ったのを覚えています。堀越(高校)で一緒だった高岡早紀ちゃんとも、いっぱい話をしました。あのころから本当にかわいかった!

    そして大先輩の工藤夕貴さん。私がまだ茨城県から出てきた15、6歳のころ、帰りの電車で、学校のことを教えてもらいました」

    2000年に単身渡米し、ハリウッド女優に。現在はロサンゼルス近郊の街に住む。

    「いまは、本当に自由に過ごしています。ヨガをしたり、ラテンの音楽に合わせて踊る『ZUMBA』というエクササイズをしたり。毎日のように体を動かしています。アジア出身者のコミュニティのイベントで、司会の仕事をすることもありますね」

    生活のパートナーは、ヨークシャーテリア(メス)のティファニー(愛称「ティ子」)だ。

    「ティ子が来てから、私の生活はもうすべて彼女中心になってしまいました。ティ子は体が弱くて、ほかの人が面倒を見ようとしても駄目なんです。

    韓国での仕事のオファーがあったときも、仕事とティ子とどっちを取るか悩みました。究極の選択。でもやっぱり、私の中ではティ子なんです。日本には、2年かけて検疫の手続きをして、連れてきました。毎日、ティ子のご飯は、私が手作りしています」

    日本にヨガスタジオを持つのが夢のひとつだ。

    「実家のある茨城県にスタジオを持てば、ティ子と一緒にいられますし、家を空けずに仕事ができるでしょう?

    全米ヨガアライアンスの資格を持っていますが、英語で学んでいるので、日本語で人に説明するには、もう一度日本語で勉強し直さなくちゃ。いま、真剣に考えているんです」

    たむらえりこ
    1月16日生まれ 茨城県出身 幼少期をヨーロッパ・ドイツで過ごす。帰国後、東宝『花の降る午後』で映画デビュー。16歳で日本レコード大賞新人賞など、多数受賞する。
    2000年、単身渡米。米人気ドラマ『HEROES/シーズン2』やハリウッド映画『ドラゴンボール エボリューション』で主演の一人を務める

    (週刊FLASH 2019年9月3日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16967899/
    2019年8月23日 6時0分 Smart FLASH

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)
    &t=jpeg

    (出典 honjitumorakuten.girly.jp)


    (出典 cdn.snsimg.carview.co.jp)


    (出典 blog-imgs-91.fc2.com)


    【【帰国】田村英里子「あらまっ!ビックリ!」】の続きを読む

      mixiチェック

    山本彩(やまもと さやか、1993年7月14日 - )は、日本のシンガーソングライター、歌手。女性アイドルグループ・NMB48およびAKB48元メンバーである。 愛称は、さや姉。大阪府出身。身長155.5cm。靴のサイズ 23cm。B型。所属事務所はShowtitle、所属レーベルはユニバーサルシグマ。
    96キロバイト (11,880 語) - 2019年8月7日 (水) 14:57



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 47の素敵な


    山本彩@SayakaNeon
    話せたよー??
    なこは自分の出る曲大丈夫かなって心配そうに裏で小さく踊ってるの可愛かったし
    さくらたんは自分と同じ臓器が入ってるとは思えない程ウエストが細かった。美しかった?。

    *******
    @SayakaNeon さくらたんとかなこちゃんと話したのかな??
    なーちゃんと彩ちゃんが出るのはもう最強??



    (出典 i.imgur.com)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


    (出典 www.tvguide.or.jp)


    【【悲報⁉︎】山本彩さん、まずは敬語を覚えましょう…】の続きを読む

    このページのトップヘ