芸能さくらch

「芸能さくらch」は、 ‷2ch‴ ‷Twitter‴ で話題な芸能スレ(アイドル関連)など ‷旬‴ なネタ毎日随時更新中です。
スポーツ、時事ニュースなど様々なカテゴリもあります。お気に入りの記事を探してみてね。「画像、動画」もいっぱいありますよ。

      mixiチェック

    岡井千聖 (おかい ちさと、1994年6月21日 - )は、日本の歌手、タレント、女優である。ハロー!プロジェクト・℃-uteの全活動期(2005年 - 2017年)のメンバー。愛称は岡井ちゃん、ちっさー。℃-uteでのイメージカラーはグリーン。 埼玉県所沢市出身。血液型A型。身長150cm。ジェイピィールーム所属。
    33キロバイト (4,030 語) - 2019年4月26日 (金) 09:28



    (出典 c-ute-fanblog.com)


    動画は「岡井千聖ロマンティック浮かれモード』『ドッキドキ!LOVEメール』(2018)」の映像をUPしました🌸


    1 ジョーカーマン ★

    2017年6月に解散したハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」の元メンバーで、バラエティー番組などで活躍しているタレントの岡井千聖(24)が26日、自身のブログを更新。
    「しばらくの間、芸能活動をお休みさせていただくことになりました」と当面休業することを発表した。

    岡井は「いつも応援ありがとうございます。突然のお知らせになりますが、私、岡井千聖はしばらくの間、芸能活動をお休みさせていただくことになりました」と報告。

    「2002年、小学校2年生の時にハロー!プロジェクトキッズに合格して、今まで約17年間、芸能界でお仕事を続けてきました。2017年6月に℃-uteが解散したその後も、ありがたいことにたくさんTV番組に出させていただきました。もちろん毎日とても楽しかったし、充実していました」と振り返り「が、次第に自分の中で、将来のことを考えた時に、本当に今のままの自分で良いのか?と疑問を持ち始めました。子供の頃から芸能活動をしてきた私はこの世界のことしか知らないし、もう少し違った視点に立って、自分の幅を広げるような教養や経験や知識が必要ではないか、それに対して行動を起こすのはまだ24歳の今しかないのでは、と考え、今回の結論になりました」と今回の決断に至った理由を明かした。

    今後については「具体的に何をするかとか、どれくらい休むとかは決めていません。しばらくは充電期間としてゆっくり過ごし、自分の足りないところや自分に必要なことを探していきたいと思います」とした。「このブログやSNSは残しておいて、また何かお知らせできることがある時はこちらでお知らせします。本当に突然ですみません。よろしくお願いします」と謝罪し、ファンに理解を求めた。

    岡井は02年、ハロプロ・キッズオーディションに合格。℃―uteは05年に結成された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000176-spnannex-ent

    元℃-ute 岡井千聖

    (出典 pbs.twimg.com)

    ℃-ute

    (出典 pbs.twimg.com)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【悲報】元℃-ute岡井千聖「本当に突然ですみません…」】の続きを読む

      mixiチェック

    エレクトロニックスポーツ(英: electronic sports)は、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。
    53キロバイト (7,278 語) - 2019年4月22日 (月) 13:02



    (出典 number.ismcdn.jp)



    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【悲報】eスポーツ日本代表が弱々しく見える…】の続きを読む

      mixiチェック

    吉行和子(よしゆき かずこ、本名 同じ、1935年8月9日 - )は、東京府(現:東京都)出身の女優、エッセイスト、俳人。 父は作家の吉行エイスケ、母は美容師の吉行あぐり。兄は作家の吉行淳之介、妹は詩人の吉行理恵。私生活では結婚・離婚を経験、子供はなし。 2歳で小児喘息を患い、病弱な子ども時代を
    36キロバイト (4,627 語) - 2019年3月12日 (火) 04:38



    (出典 www.jiji.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    金曜ドラマ『執事 西園寺の名推理2』(テレビ東京系)の第1話が4月19日に放送され、初回視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

    本作は、2018年に放送されたテレビドラマシリーズの第2シーズンである。完全無欠の執事、西園寺一(上川隆也)が、資産家の奥様、伊集院百合子(吉行和子)のために、数々の難事件を解決していくミステリー作品となっている。

    第1シーズンでは、八千草薫が奥様の百合子を演じていた。しかし、2018年に膵臓がん手術を受け、さらに今年に入って肝臓に転移していることが発覚し、治療に専念するためにヒロイン役を降板した。
    第2シーズンでは、八千草の代打として、吉行が新奥様を演じることとなった。

    吉行版の百合子は、第1話の冒頭から登場し、西園寺から淹れてもらってジャスミンティーを飲みながら、今は亡き夫との思い出に浸る姿が描かれた。
    手品師のショー中に殺人事件が起き、百合子の身を案じた西園寺によって、お姫様抱っこされるというヒロインらしいシーンもあった。

    しかし、第1シーズンから見ている視聴者からは「八千草の方が上品だし茶目っ気もあった」「吉行和子、だいぶ八千草に寄せて演技してるけど、酒焼けしたような声がどうしても気になる」
    「前作で西園寺と築き上げた絆があるから、やっぱり奥様役は八千草がよかった」と、八千草と吉行を比較する声が寄せられた。

    「八千草は、宝塚歌劇団出身の気品ある大御所女優です。退団後も、優しい奥様役を演じることが多く、好感度も高かったですね。
    一方、吉行は若い頃からセクシーでエキセントリックな役柄が多く、1978年に公開の、彼女が日本アカデミー賞優秀主演女優を受賞した映画『愛の亡霊』では、大胆な濡れ場シーンを演じました。
    演技力抜群の吉行ですが、今までの役どころが原因で、清純派の八千草とはイメージの差が大きいようです」(ドラマライター)

    一方、「吉行版の百合子もいい感じ」「ナイスキャスティング」と吉行版百合子を歓迎する視聴者の声も上がっている。
    第1シーズンでは西園寺と百合子の信頼関係を築く過程が緻密に描かれていた。今シーズンでも2人の関係性にも注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16376791/
    2019年4月26日 12時40分 リアルライブ


    (出典 kaigo.news-postseven.com)



    (出典 dot.asahi.com)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【ドラマ】大御所女優が不評⁉︎】の続きを読む

      mixiチェック

    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    56キロバイト (6,875 語) - 2019年4月25日 (木) 11:29



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    「瀧さんのことは近所でも大きな話題になっていましたから、奥さんと中学生の娘さんは人目を避けるように、逮捕後しばらくは自宅を出ていたみたいです。
    でもここ最近、少しずつ人の出入りも頻繁になって、どうやら奥さんと娘さんも帰ってきたようです」(近所の主婦)

    ピエール瀧被告(52)がコカインを摂取したとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕されてから1カ月あまり。
    4月4日に保釈された瀧被告は目下、20代から常習していたという薬物を完全に絶つため、治療を始めたという。

    「当初は本人の故郷・静岡の山奥にあるA病院に入院する予定だったそうです。
    入院すると、家族も滅多に面会できないうえ、周囲は森しかない環境での集団生活になります。
    携帯電話も持ち込み禁止で、フロアも自由に出入りできないなど制約が数多くあります。
    治療法としてメジャーな認知行動療法のほかに作業療法が受けられるのが大きな特徴です。
    瀧被告は家族や周囲と話し合うなかで“妻子のいる自宅から通院したい”と思うようになったといいます。
    そこで、薬物依存治療の専門外来がある東京郊外のB病院を選んだと聞いています」(瀧被告の知人)

    B病院の通院治療は、どのようなプログラムなのか。

    「B病院で定評のある治療法は、グループで行う“認知行動療法”。自分の精神状態を客観的に分析し、メンバーと話し合いながら治療を進めていくというものです。
    この病院では週1回の頻度で通い1回につき約2時間、ワンクールの治療は約半年間で終了するそうです」(前出・知人)

    そんな通院治療を始めた瀧被告に、家族はどのように接しているのだろうか。逮捕による莫大な違約金を家族に背負わせないように、瀧被告が自ら離婚を申し入れたとも言われていたが――。

    「奥さんは離婚の選択肢も考えたようですが、『やっぱり夫を見捨てられない……』と周囲に漏らしていたそうです。結婚から14年、何度も“夫婦の危機”を乗り越えてきました。
    今回も“娘と2人で夫を支えよう”と、自宅に戻ってきたようです」(夫妻の知人)

    4月中旬の午後2時すぎ。近所のスーパーから買い物を終えて自転車で自宅に帰ってきた瀧夫人に記者が声をかけた。

    ――ご主人は、お元気ですか?離婚を考えていらっしゃるのか、いまの奥さんのお気持ちを聞かせてください。

    「………」

    矢継ぎ早に質問を投げかけるも、いっさい答えることなく、夫人は無言のまま家に入っていった。

    薬物依存に詳しい精神科医で、ヒガノクリニックの日向野春総院長は、瀧被告の治療法についてこう語る。

    「コカインは、覚せい剤以上に離脱が難しい薬物です。なので、入院ではなく通院での治療というのはおすすめできません」

    当初、入院予定だったA病院で行われている治療法のほうが、瀧被告のケースには効果が期待できるという。

    「入院して物理的に薬物に手を出せないようにすることが重要です。農作業などを通して、体を動かすよろこびや収穫する快感を得る作業療法も効果的です。こうした療法のほうが、薬物常用者の治療に向いていると私は思います。
    ただ、ご家族が本人の意欲に沿って一緒に闘おうという姿勢は、治療する上で精神的に大きな励みになるでしょう」(日向野院長)

    この日、瀧夫人がスーパーから帰ってきてしばらくすると、家の中から家族だんらんの明かりが漏れてきた。食卓を囲みながら、“再起のともしび”がともることを祈るばかりだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16366021/
    2019年4月24日 16時0分 女性自身


    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    (出典 www.sankei.com)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【心配】ピエール瀧「認知行動療法」を選択】の続きを読む

      mixiチェック

    麻亜子 (まあこ、1994年10月31日 - )は、日本のグラビアアイドル。 "ミスFLASH2018"に選定された。 ミスFLASH2018(2018年4月20日、インコミュニケーションズ) ミルキー・グラマー(2018年8月24日、竹書房) burst (2019年3月25日、エアーコントロール)
    2キロバイト (108 語) - 2019年3月24日 (日) 11:28



    (出典 news.walkerplus.com)


    動画は「【インタビュー動画】麻亜子ミスFLASH2018グランプリ獲得しました」の映像をUPしました🌸


    1 名無しさん@涙目です。

    「ミスFLASH2018」グランプリでデビュー。グラビア活動が2年目に突入した麻亜子さんが、
    3nd DVD「burst」(発売元:エアーコントロール、収録時間:100分、価格:4298円)の発売
    記念イベントを4月21日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

     OLからの転身や、見た目以上に迫力のある90cm・Hカップバストが特徴の麻亜子さん。
    テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず 2」では、水着姿で特技のフラフープを見せてくれた。
    バラエティーを含めて、グラビア的な仕事には慣れてきた様子だ。3rd DVDは、11月にバ
    リ島で撮られたもの。

    https://ascii.jp/elem/000/001/850/1850632/

    (出典 www.i-dol.tv)


    (出典 www.i-dol.tv)


    (出典 ascii.jp)


    ▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト
    【【ビキショ!】麻亜子「burst」】の続きを読む

    このページのトップヘ